台湾証券取引所の李述徳会長(中)

写真拡大

(台北 26日 中央社)台湾証券取引所は24日、証券店頭売買センターと共同で3月2日から16日にかけて、台湾各地で企業統治(コーポレートガバナンス)の評価システムに関する教育セミナーを実施すると発表した。

同所は、上場・店頭公開企業に評価システムに対する理解を深めてもらい、株主総会の質の改善や、台湾全体の企業統治の水準の引き上げを行うことで、国際資本市場としてのイメージと競争力の向上を図りたいとしている。

(田裕斌/編集:杉野浩司)