ピザやフォカッチャのほか、魚や肉料理、デザートまでこれ1台で

写真拡大

三栄コーポレーショングループのmhエンタープライズ(東京都台東区)は、調理家電ブランド「Vitantonio(ビタントニオ)」からグルメオーブン「VGO-55」を2016年3月上旬に発売する。

400度の高温と、蓄熱性が高く余分な水分や油分を適度に吸収する石材プレート(直径30センチ)により、ピザを石窯のように焼き上げられる。160〜400度までの温度調節が可能で、ナンやトルティーヤ、フォカッチャなども焼ける。焼き加減を確認できる窓を備え、未使用時は立てて収納可能だ。

付属のディッシュプレート(直径24センチ)を使用して、パエリアや蛸飯など米料理、丸ごと1匹の魚料理、ローストビーフなど多彩なメニューを楽しめる。1台でメインからつけ合わせ、デザートまでを作れるという。

ピザのセットや取り出しに便利なピザパドル、ピザカッター、レシピブックなどが付属する。カラーはレッド。

価格は2万円(税別)。