マンションリモデルバスルーム「ひろがるWGほっカラリ床シリーズ」(写真はイメージ)

写真拡大

TOTOは、マンションのリモデルバスルーム「ひろがるWGほっカラリ床シリーズ」をフルモデルチェンジして、2016年2月から販売している。

独自のスリム構造を採用した「ひろがるWGほっカラリ床シリーズ」は、今回のフルモデルチェンジでさらに「清潔感」を進化。「ほっカラリ床」は、従来のやわらかい踏み心地と断熱性、滑りにくく乾きやすいカラリパターンはそのままで、新たに床表面に親水特殊処理を施すことで皮脂汚れと床のあいだに水が入り込み、汚れがスムーズに落ちるようにした。

「お掃除ラクラク 鏡」は、鏡の表面を炭素の膜(DLC=ダイヤモンド・ライク・カーボン)でコーティングすることで、鏡と水垢が結合しない構造になり、簡単な掃除で汚れがとれる。汚れをはじく人工大理石素材の「人大浴槽」に、壁や浴槽と接していないデザインで掃除が簡単な「カウンター」の、4つの「お掃除ラクラク」機能を採用した。

また、1枚の重さを従来(1.8キログラム)の半分の約900グラムにした、「ラクかるふろふた」で、手軽に風呂のふたを開け閉めできる。

希望小売価格は、206万7700円(写真セット「Aタイプ 1620Jサイズ」 税別、組立費別途)。