近赤外線対応カメラと内蔵の可視光カットフィルターを組み合わせることで、雨や霧などの視界不良時の映像鮮明化にも対応する(画像はプレスリリースより)

写真拡大

 富士フイルムは25日、遠望監視向け光学60倍長焦点ズームレンズ「FUJINON D60x16.7SR」に専用のフォーマット変換アダプタレンズを同梱したモデルを発売した。

 港湾や空港などの遠望監視向けとして、望遠端の焦点距離が拡大してもズーム全域でフルHD画質を実現している。2/3型の超高感度センサー搭載カメラに対応し、焦点距離は20mmから1,200mmまでカバーしている。

 アダプタレンズ装着時、内蔵の2倍エクステンダを使用して望遠端の焦点距離を2,400mmに切り替えることで、約4Km先の人物の動きも鮮明に認識することが可能となっている。

 アナログコントロール、シリアル通信/AF搭載、シリアル通信/AF搭載/光学防振搭載モデルがラインナップされ、価格はオープンとなっている。

 なお、同社は3月8日から東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2016」に同製品を出展する予定だ。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI