画像

写真拡大 (全2枚)

 GMO NIKKOは、 現在提供中のマーケティングソリューションを、統合型アドプラットフォームである「GMO MARS」にブランド統合し3月1日より展開を始める。これにより、既存の6つのソリューションを活用した提案が可能になる。

  GMO NIKKOは、現在提供中のマーケティングソリューションを、統合型アドプラットフォームである「GMO MARS(正式名称:GMO MARKETING SUITE)」にブランド統合し、3月1日より展開する。

 昨今、スマートフォンやソーシャルメディアの普及によるインターネット利用環境の変化やアドテクノロジーの進化など、デジタルマーケティング領域における変化が激しい。それにともない、企業が行うべき施策も複雑化し、ツールも多岐に渡っている。

 こうした背景から、同社は企業が柔軟かつ複合的にデジタルマーケティング施策を行えるよう、今回の統合に至った。これにより、これまで提供していたアナリティクスやDMP、LINEビジネスコネクトなどに関する6つのソリューションから一連の提案を可能にする。そして今後は、マーケティングクラウドソリューションとして各ソリューションの連携強化や新機能の開発を行っていく。

MarkeZine編集部[著]