By Angus Veitch

ニューヨークに本社を構え日本の朝日新聞社とも提携している新聞「The New York Times(NYT)」のマーク・トンプソンCEOが、広告を除去するブラウザ拡張機能を使っているユーザーをブロックする可能性を明らかにしました。

The New York Times Might Ban Visitors Who Use Ad Blockers | Adweek

http://www.adweek.com/news/press/new-york-times-might-ban-users-who-use-ad-blockers-stuff-not-made-free-169828

NYTのトンプソンCEOは、ニューヨークで開催されたソーシャルメディアウィークの基調講演で「収益に貢献することなく我が社のジャーナリズムから恩恵を受けるのはよくないことです。我々が行っていることは対価を得る価値があります。無料で視聴できる全国ネットのチャンネルではなく、有料放送のHBOのようなものと考えていただきたい」と話しました。



By Shawan Zain

NYTはデジタル版の有料購読サービスを展開していて、トンプソンCEOは「我々の記事は無料ではない」と発言。また、広告除去ツールを提供する企業が、特定企業のサイトを「ホワイトリスト」に加えて除去対象から外すことについても、「広告除去ツールを提供する企業は、広告をのせるには許可が必要ですよ、とゆすっているようなもの。これを許すことはできない」と意見を述べました。

最後には、有料購読者ではないのに広告除去機能を使うユーザーのブロックについて考えていることを明らかにしました。

紙の新聞の売上が減少したこともあり、NYTのウェブサイトの広告は収益に関して重要な役割を担っています。現に、2015年第4四半期では紙面の広告からの収益が7%減少したものの、ウェブサイトでの広告収益は8%上昇。また、第4四半期のデジタル版新規購読者数は5万3000人で、合計110万人に到達。デジタル版の有料購読からの収益は1億9300万ドル(約218億円)となり、2014年同期から14%増加しました。トンプソンCEOは「NYTのジャーナリズムは高価なものであり、対価が払われるべき手作りの製品です」と話しています。

広告除去機能については、バルセロナで開催された世界最大の携帯見本市「Mobile World Congress」でも議論の的になりました。GoogleやYahoo!、AOLの役員が集まったパネルディスカッションでは、Yahoo!のニック・フース氏が「モバイルで広告ブロック機能を使用しているユーザーはエコシステムを破壊している」と発言し、Googleのベンジャミン・ファース氏も「広告ブロック機能を提供する企業が、私の代わりに広告の除去を決定するのは不快に感じます」と広告ブロック機能に対して批判的な姿勢を見せました。

なお、広告ブロック機能のユーザーをブロックする可能性を示唆したNYTは、CEOの発言があった翌日に「スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるヒントと神話」という記事を掲載し、その中でバッテリーを長持ちさせる方法として「広告除去ツールを使って広告をブロックすること」を紹介していました。記事によれば、ブラウジングの際に広告を読み込むことで電池が消費されるので、広告をブロックするアプリをインストールするとバッテリーが長持ちするとのことです。