「デスノ―ト2016」新画像解禁、ベルリン映画祭で各国バイヤー熱視線。

写真拡大

2月11日から21日まで開催された「第66回ベルリン国際映画祭(併設のEuropean Film Market)」で、映画「デスノート 2016」の世界に向けたセールスが行われ、各国バイヤーから熱視線が注がれた。

今回の映画祭のためだけに制作されたスペシャルムービーが、本作のブースで上映されるやいなや、「すぐに本編が見たい!」とバイヤーたちは皆高揚感を隠せない様子で、一日のうちに何度もブースに足を運ぶバイヤーが続出。

普段、日本のコンテンツはアニメしか扱わない欧米の会社や、ハリウッド大作を中心に買い付ける会社など多数の問い合わせがあり、韓国のバイヤーの中では本作の話題で持ちきりだったとか。また、スペインのバイヤーは佐藤信介監督が本作を手がけることに強く期待を寄せ、まさに世界が本作「デスノート2016」に注目していることが実証された。

また、本映画祭初日の会場で配布された有力映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙を、“世界初解禁”となる本作の新画像が飾り、用意された約1万部が瞬時に棚から消えてしまうという、映画祭関係者も驚きの現象も起きた。

今回、世界に向けて解禁された新画像は、池松壮亮演じる竜崎が、ひょっとこのお面を被り、真っ白な空間で座っている画像。その男が腰かけているのは便器のように見える。

また“ひょっとこ”といえば、前作「DEATH NOTE」で松山ケンイチ演じるLが藤原竜也演じる夜神月に会うときに、顔を隠すために被っていた、飄々としたLならではのアイテム。今回解禁された画像では、Lの後継者である竜崎がLと同じように(しかしかなり禍々しい)ひょっとこのお面を被っており、彼は何故ひょっとこのお面を被っているのか、また、彼がいる場所は一体どこなのかといった憶測と議論を呼んでいる。

また、床面に書かれた「The new saga begins」(新たな伝説の始まり)という文字が大きな期待を抱かせ、さらなる注目を集めていた。