想定していた最悪の事態を、大幅に下回る結果となった。

 ウズベキスタンのタシュケントで開催されていたAFCフットサル選手権――。フットサル日本代表は14大会目にして、初めてベスト4入りを逃した。また、今大会は9月にコロンビアで開催されるフットサルW杯の予選も兼ねていたのだが、日本は5位決定プレーオフの初戦でキルギスタンに敗れ、W杯の連続出場も3大会で止まってしまったのだ。

 大会前、アジア選手権を2連覇していた日本代表がW杯出場権を逃すと考えていた人は、皆無だっただろう。過去13回のアジア選手権で優勝経験があるのは、日本(3回)とイラン(10回)の2ヶ国のみ。決勝ラウンドがトーナメント方式の同大会で、日本は常に決勝か、3位決定戦が行われる大会最終日まで残っていたからだ。

 しかし今大会、日本代表は準々決勝でベトナム代表にPK戦の末に敗れると、続く5位決定プレーオフの1回戦でもキルギスタンに2−6と大敗を喫してしまう。大会前、日本代表は世界ランク9位で、ベトナムは50位、キルギスタンも45位。明らかな格下相手に2連敗したのだ。

 今回の日本代表は、過去のチームと比べても決して実力的に劣っていたわけではない。むしろ大会前は、「史上最強」と言われていた。その所以(ゆえん)となっていたのが、「個の力が高まったから」だった。グループステージの途中でミゲル・ロドリゴ監督に、「今大会では初めてイランとも個の力で対等に渡り合える日本代表が見られるのではないか?」と聞いたところ、「私もそうなると思っています」と話していた。

 過去2大会で日本はイランを破って優勝してきたのだが、試合内容を見れば、まだまだ力の差はあった。粘り強くイランの攻撃をしのぎ、ワンチャンスを確実にモノにする。そうした勝ち方で、アジア王者の座に就いていた。今回の日本代表は、内容でもイランと渡り合える実力があるはずだった。

 そんな日本代表が、なぜ敗れたのか――。

 キャプテンのFP(フィールドプレーヤー)星翔太(バルドラール浦安)は、「すべてが日本にとって、悪い方向に出てしまった」と言う。「2012年大会も、2014年大会も、日本は組織力で勝っています。個の能力では勝っていません。今回、それができなかったということは、個の能力がなかったということ。イランはアジアの他国がどんなに進化しても勝ち続けています。絶対的な王者は、個があると思います」と、毎試合のように大量得点を挙げて相手をねじ伏せていくイラン代表との差を口にした。

 格下相手からも得点を積み重ねる。今大会、日本代表ができなかったことのひとつだ。

 GK関口優志(エスポラーダ北海道)は、「イランには、(森岡)薫さんみたいな強烈なシュートを持っている選手が何人かいる印象です。そういう差が、点を獲り切れるところになるのかなと。チャンスの数で言えば、日本もイランとそんなに変わらないと思いますが、日本はそこを決めきれませんでした。そういうところで決めきれるかどうかが、日本とイランの差かなと思います」と、星と同様に個の力不足を述べた。

 そして「ちょっと客観視してみると、3点目を獲って4点目を獲ったら、相手の戦意も喪失する。それこそマレーシア戦が特徴的というか、3点目、4点目を獲ったら(相手の)DFが崩壊していた。そういう状況をつくり出せることがイランの強さだと思います。そんなにうまくいくわけではないと思いますが、そういう強さ、うまさが必要」と語り、11−1と快勝したグループステージ第2戦のマレーシア戦を例に振り返った。

 個の能力が高い、日本代表――。

 この言葉を意識しすぎたこと、あるいは、それに徹した戦い方ができずにチームが一体になれなかったことは、タシュケントで起こった歴史的な惨劇の要因のひとつだろう。

 日本代表の個々には、先の関口の言葉どおり、イラン代表のようなシュート力はない。日本の『個』の特長は、1対1になった際、ドリブルで相手を抜くことだ。だが、『個の能力が高い』と強調されたことによって、本来の持ち味である攻撃の流動性は見失われていった。本来、日本の個の能力の高さは、これまでミゲル監督の取り組んできた「流動的なボール回し」があってこそ生きるものだ。しかし、個の能力が高いということを意識しすぎたためか、今大会の日本の攻撃には、本来のベースとなっていたはずの流動性はなかった。

 イラン代表選手に匹敵するシュート力を持つピヴォ(センターFW)の森岡薫(名古屋オーシャンズ)にボールを当てて反転してシュート、もしくは相手が引いた状態でもドリブルからフィニッシュに持ち込める仁部屋和弘(にぶや・かずひろ/バサジィ大分)のシュートが、日本の主な得点パターンだった。だが、ピヴォにボールを当てたときに3人目の選手が走り込む場面さえほとんど見られないほど、日本代表はベースにあるはずの連係がなくなっていたのだ。

 ベースを失ったチームほど、弱いものはない。勝ち抜くことだけを考えるなら、森岡や仁部屋を出し続ける戦い方でも、ベトナムやキルギスタンには勝てたのではないか。過去に木暮賢一郎(現シュライカー大阪監督)がピヴォでプレーしていたとき、日本は木暮を40分中35分以上起用する、『戦術は木暮』スタイルでも勝っていた。アジア各国のレベルが高くなっているとはいえ、まだベトナムやキルギスタンと日本の間には、それくらいの力の差がある。

 つくられた歴史は変わらない。初めて全試合が衛星放送で生中継されたなかで喫した惨敗――。日本フットサル界は、イチからではなく、マイナスから基盤をつくり直さなければならない。

河合拓●取材・文 text by Kawai Taku