妊婦は海外渡航に十分な注意が必要 shutterstock.com

写真拡大

 ついに日本でもジカ熱の感染者が出た。2月25日、厚生労働省はブラジルから帰国した川崎市の10代の男子高校生が、ジカ熱に感染したことを確認したと発表。恐れていた事態が現実のものとなった。

 ジカ熱感染者が国内で確認されたのは2014年以来のことで、4例目となるが、昨年以来の中南米に端を発する流行が始まってからは初めてのことだ。

 すでにアメリカの疾病対策センター(CDC)は1月29日、アメリカ本土での感染状況について、昨年以降以降、31人の感染が確認されたと発表。またカナダの保健当局も4人の感染者が最近見つかったとしている。これらの感染者はいずれも流行地域への渡航歴があった。

 では、流行地域とはどこか? 米国 CDC 報告の発生地域( 2016 年2月23 日現在)を基にした厚生労働省の発表では以下のとおり。

<中南米・カリブ海地域>
アルバ、バルバドス、ボリビア、ボネール、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、キュラソー島、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、仏領ギアナ、グアドループ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、プエルトリコ、セント・マーティン島、スリナム、トリニダード・トバゴ、米領バージン諸島、ベネズエラ
<オセアニア太平洋諸島>
米領サモア、マーシャル諸島、サモア、トンガ
<アフリカ>
カーボベルデ
<アジア地域>
タイ

 つまり中南米地域が今回の流行地域ということだが、オセアニア、アフリカ、タイでの感染もあることにも注意したい。

 国立感染症研究所や世界保健機関(WHO)によると、ジカ熱はジカウイルスが引き起こす感染症で、2〜7日の潜伏期間を経て発熱・発疹・筋肉痛などの症状を伴う。症状は7日以内に治り、感染してもおよそ8割の人は発症しない。
 
 だが、妊婦が感染すると怖い。先天的に頭が小さいために脳の発育不全につながる小頭症の新生児が生まれるリスクが高くなる。ジカ熱は、手足の筋力低下に苦しむ神経障害のギラン・バレー症候群にも関連するといわれるので、注意が必要だ。
アメリカで性交渉による感染者との報告

 では、ジカ熱は日本でも広がるのか? 中南米での流行を受けてアメリカでの感染者がいつ発見されるかが大きな関心となったが、CDC は1月23日、アメリカ国内で性交渉によってジカウイルスに感染した可能性がある患者が14人報告されたと発表した。ヒトからヒトへの感染はないとしたこれまでの説を覆す新事実だ!

 世界保健機関(WHO)は、今後1年間で、感染者が300万人から400万人と爆発的に増加する可能性を警告している。こうした緊急事態宣言は、2014年8月に西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱を警告して以来だ。(1月30日)

 ジカウイルスを媒介するヒトスジシマカは国内にも生息している。その活動時期は5〜10月だが、このとき海外から感染者が入国し、その人を刺したヒトスジシマカが他の人へ媒介すれば、感染が広がる恐れは十分にある。

 未だ有効なワクチンや特効薬はないジカ熱。リオロ五輪が開催される8月はもっとも蚊の少ない季節とされるが、不安は消えない。アメリカでは性交渉での感染の可能性が指摘されるなどまだまだ不明の点もある。海外渡航はもちろんのこと国内での動向にも注意が必要だ。

ジカ熱に関する情報は以下に詳しい。
●厚生労働省 ジカウイルス感染症について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html
●ジカ熱最新情報ポータルサイト 
https://www.elsevier.com/connect/zika-virus-resource-center/
エルゼビア(本社:オランダ・アムステルダム、CEO: Ron Mobed)と医学情報誌Lancetは、『ジカ熱最新情報ポータルサイト』を緊急公開した。医療従事者や研究者、公共的な立場から発信される最新の情報アップデートし、研究論文、批評、論説、通信、コメントが掲載される。とかく感染情報が遅れがちな政府発表よりいち早い情報が出そうだ。

(文=編集部)