世界最大の自動車市場である中国において、日系車の販売が好調だ。尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題や歴史問題などをめぐって中国で反日デモが活発化した際、日系車が襲撃されるケースが相次ぎ、日系車の販売が激減したが、こうした苦境はもはや過去のものとなっている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界最大の自動車市場である中国において、日系車の販売が好調だ。尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題や歴史問題などをめぐって中国で反日デモが活発化した際、日系車が襲撃されるケースが相次ぎ、日系車の販売が激減したが、こうした苦境はもはや過去のものとなっている。

 中国メディアの騰訊はこのほど、日系車は2015年に中国で「驚くほどの好調ぶりを見せた」と伝え、なぜ中国人はこれほど日系車を好むようになったのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国で日系車が好調な販売を続けている背景について、「日系メーカーは中国で自動車を購入するボリュームゾーンの心をつかむことに成功した」と指摘。中国で自動車を購入するボリュームゾーンは中間層の人びとだが、こうした人びとがもっとも重視するのは価格であり、維持費であるとし、日系車は燃費が良いうえにメンテナンス費用も安くつくことが支持されたと論じた。

 続けて、中国では日系車の安全性について、さまざまなデマが存在することを指摘する一方、米国で実施されている「権威ある」調査報告などの結果が中国でも広く知られるようになってきているとの見方を示したうえで、「日系車は安全性に劣るという見解は権威ある調査報告のデータと合致しないもの」と論じた。

 また記事は、日系車が中国で売れているのは「日系車の世界をリードするエンジン技術」も理由の1つだと指摘し、中国自主ブランド車にとって日系車と大きな差があり、特に学ぶべき箇所もエンジン技術であると紹介。それほど日系車は動力性能が良いのだと論じた。

 中国では今なお愛国の名のもとに日本製品や日系車を排斥すべきと訴える人はいるものの、多くの中国人旅行客が日本を訪れ、さらに中国では多くの消費者が日系車を購入している現状から、中国の人びとが理性的な消費を行うようになってきていることが見て取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)