焼うどんが登場

写真拡大

日清食品は2016年2月8日、「日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て」を発売した。

おなじみの和風カップめんブランド「日清のどん兵衛」から焼うどんが登場。本格的な「汁なし担々麺」らしい味わいに仕上がっていると話題だ。

卵黄トッピング、2倍待てばさらに美味しく?

ねりゴマを加工して作る中華料理の調味料「芝麻醤(チーマージャン)」のゴマのうまみと、花椒の辛みがきいた濃厚な担担ソースを、「どん兵衛」ならではのもっちりとした太めんにからめていただく。

ツイッターを見てみると、

「なかなかちゃんとした汁なし担々麺の味で美味しかった どうせふわっとそれっぽい味なんだろうと思ったらかなり本格的だったから嬉しい驚き」
「ぅんまい!想像以上に花椒!四川感じまくり。これをオカズに白いご飯でイケる」

などなど、高評価が相次いでいる。

「思ったより花椒効いてて好き。でもこれはっきり好き嫌い別れるよなあ。どん兵衛のブランドでよく出したなw」

と危惧する声が上がるほどの「本格的っぷり」のようだ。

「卵黄を載せてごはんと一緒に 旨辛〜っ」
「熱湯5分のところを10分にすると、麺がもちもちでうまくなるでございます」

と、早速アレンジレシピも報告されている。

一方で、

「花山椒の味しかしない、って感じもするな・・・」
「辛いというよりかはただ痺れるだけだった」

と感じてしまった人もいるようだ。

なお、「日清のどん兵衛焼うどん だし醤油香味油仕立て」も同日発売。こちらには

「モチモチ麺とだし醤油が絡んで思っていた以上に美味しくて、アッという間に僕の胃袋へ吸い込まれていった」
「うまいけど、坦々焼きうどん程のインパクトはないな〜」

といった声が上がっていて、「担担花椒仕立て」よりも万人受けする味らしい。

希望小売価格はいずれも180円(税別)。