ジョコビッチが目の感染症でドバイ・テニス選手権を途中棄権

ざっくり言うと

  • ジョコビッチが25日、目の感染症でドバイ・テニス選手権を途中棄権した
  • 診察を受けながら第1セットを3−6で落とし、約30分間でコートを去った
  • ジョコビッチの決勝進出の連続記録は、17大会で途絶えることになった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング