総売上58兆円と世界最大の企業グループとなった三菱グループ。経済誌でも特集が組まれるなどその強さの源泉に注目が集まっている。

 三菱の結束力を示す中枢ともいえる「金曜会」では、三菱グループの主要企業29社の会長・社長が一堂に会し、昼食を共にする。この会は「あくまで親睦目的であり、メンバー企業の経営に干渉したり、グループとしての政策や経営戦略を討議決定する場所ではない」(三菱グループ全体の広報活動を行なう三菱広報委員会)という。

 謎に包まれた会の様子を、実際に金曜会に出席したことのある人物の証言をもとに再現する。

 金曜会は名前の通り、毎月第2金曜日に開かれている。午前11時45分を過ぎた頃、東京・丸の内の三菱商事本社ビルの地下駐車場に、各グループ企業29社のトップ48人を乗せた黒塗りのハイヤーが次々と滑り込んでくる。彼らが目指すのはビルの21階にある金曜会事務局。その内部にある「定例会用会議室」が舞台となる。部屋の中央には楕円形の大きなテーブルが置かれており、窓からは眼下に丸の内が一望できる。

 会での席順は決まっていない。“長老”同士が固まらないように毎回くじを引いて決める。そのくじはゴルフ場のティグラウンドにあるような金属の棒で、その番号に従いトップたちは着席していく。当然、長老幹部と新人幹部が隣り合わせになることもある。

 正午になると、世話人代表(現在は三菱商事の小島順彦会長)の挨拶で会が始まる。この日は東京會館から幕の内弁当が各席に運ばれた。しかし昼食会といえど、ゆっくり食べるわけではない。15分というわずかな時間で舌鼓を打つ。昼からの会合なのでソフトドリンクのみで、アルコールは出ない。メニューは簡単なコース料理や、少し趣向を変えてカツカレーだったこともあるという。

 昼食を済ませると、12時15分から30分までは議事の時間となる。金曜会には常設の事務局が置かれており、司会進行を務めるのは事務局長の仕事だ。世話人代表の右腕となる事務局長は、世話人代表の出身会社から選任されるケースが多く、現在は三菱商事元常務執行役員の伊与部恒雄氏が務めている。必要な報告事項を読み上げ、各トップに伝達する。

 一通り報告が終わった12時30分からは、有識者を招聘した講演会が行なわれる。2月12日に行なわれた金曜会で呼ばれたのは國廣正弁護士。國廣弁護士は「危機管理」について講演した。講演テーマは政治や経済、国際、文化など多岐に及び、昨年はプロゴルファーの中嶋常幸氏が参加者への「ワンポイントレッスン」付きで講演を行なっている。

 およそ1時間が経過した13時30分、散会。各社のトップは自分の会社へと帰路につく。余談だが、ハイヤーが三菱自動車製かどうかはそれぞれの会社によるようだ。

 これだけならばただの懇親会に思えるかもしれない。だが、15分しか行なわれない「議事」の時間には、いかに「三菱」というブランドを守るかが話されることも少なくないという。『日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく』(平凡社新書)の著者・菊地浩之氏はこう指摘する。

「三菱の社名が付いた企業が経営危機となった場合は、金曜会主導で救済するといわれています」

 実際にグループ企業・三菱自動車がリコール隠し騒動等の不祥事を起こした際は、グループ全体で同社を支えている。

※週刊ポスト2016年3月4日号