24日、中国の掲示板サイトにこのほど立った「日本人は確かに中国文化を敬慕している」と題するスレッドに、日本ネットは「今の中国には共産主義しか残っていないではないか」と応酬した。写真は北京。

写真拡大

2016年2月24日、中国の掲示板サイトにこのほど立った「日本人は確かに中国文化を敬慕している」と題するスレッドに対する中国ネットのコメントは「日本文化なんて、中国要素を取り除いたらほとんど何も残らない」。これには日本ネットは「今の中国には共産主義しか残っていないではないか」と応酬した。

スレ主は、日本には多くの中華料理店があることや、韓国や北朝鮮が廃止した漢字を使い続けていること、最近では「偽中国語」なる漢字だけでの会話が流行していることなどを指摘。さらには書店には中国文化に関する書籍がたくさん販売されていることを紹介し、日本人による中国文化の敬慕は本物だと主張した。

これについて中国のネットユーザーからは、「日本が敬慕しているのは古代中国文明であって共産党の中国文化ではない」「日本が研究しているのは古代中国文化で、現代中国とは何の関係もない。今の中国は何の価値もないと日本人は言っているよ」などとの指摘がある一方、「日本には何の文化もないのだから日本が中国を敬慕するのは当然だ」「文明という観点から見たら、大和民族は中華民族と比べものにならない」などの声も寄せられた。

これに対し日本のネットユーザーからは「その通り。特に唐文化の影響を多く受けている」としながらも、中国要素を取り除いたら何も残らないとの指摘には「根底に中国の文化はあるにしても、そこに欧米の文化を取り入れたのが今の日本の文化であり思想。中国要素を取り除いても今の日本文化のままだよ」と反論。「それよりも今の中国こそ共産主義しか残っていない」と切り返すコメントが付いた。(編集/長澤)