甘いソースをた〜っぷりと!ビブリオテークの“カケル”イチゴデザートに胸キュン

写真拡大 (全6枚)

本やアート、雑貨をセレクトしたショップが併設され、憩いの場として人気の「cafe&books bibliotheque (カフェ&ブックス ビブリオテーク)」。女子好みのカフェメニューが魅力的な同店では、2016年3月31日(木)までの期間、イチゴを主役にした「カケテ!カケル! ストロベリーフェア」を開催中。

こちらは、イチゴとほかの食材の“掛け合わせ” と、ソースを“かける”の2つの“カケル”楽しみを提案するフェアなのだとか。

「この時期に旬を迎えるイチゴは、真っ赤な見た目もかわいらしく、女性に人気のフルーツ。ビタミンCも豊富で身体にいい成分が多く含まれているだけでなく、真っ赤な見た目もかわいい、女性に人気のフルーツということから、イチゴを使ったデザートをつくりました」と、広報の横田さん。

写真は、イチゴ入りのカスタードフレッシュクリームとスポンジを重ねた「苺のショートケーキ 苺バナナのソース」(800円、ドリンクセット1250円)。一見普通のショートケーキだけれど、イチゴとバナナのコンフィチュールソースをかけると、甘酸っぱさがプラスされて、濃厚かつ爽やかな味わいに。

3月1日(火)からは、3つの新メニューも登場するというから、見逃せない! そこで、編集部がこのほかにおすすめを5点セレクトしてご紹介。旬のイチゴを女友達と堪能して。◆今の季節にぴったりな酸味が効いた2皿


旬のイチゴを堪能したいなら、いちおしは「ストロベリークロッシュー 苺のソース」(1200円、ドリンクセット1650円)。アーモンドをまぶした香ばしいクロッシューには、甘酸っぱいイチゴとコクのあるヘーゼルナッツクリームがベストマッチ。さらに、レモンとイチゴのジュレが潜んでいて、甘酸っぱいアクセントを添える。

それだけもおいしいけれど、イチゴのソースをトッピングすると、さらにフルーティなおいしさがアップ! 春らしい可愛らしさのビジュアルも高ポイントのはず。


一方、「苺とオレンジのチョコレートケーキ オレンジソース」(800円、ドリンクセット1250円)は、濃厚なチョコレートと爽やかなオレンジのマリアージュを楽しめるケーキ。

オレンジがほのかに香るチョコレートムースと、フレッシュのイチゴとジュレをサンドしたチョコレートケーキには、フルーティでコクのある味わい。こちらに、オレンジとリキュールのコアントローを合わせたソースをかけると、爽やかな香りと酸味がプラスされて、早春にぴったりの味わいに。

◆ハーブの魅力を楽しむ2皿


3月1日(火)から提供スタートする3品のうち、2品はハーブをソースに加えているそう。爽やかさがプラスされてさらに春らしさを感じさせてくれる。

まず、見た目の豪華さが目を引くのが、「苺とマスカルポーネのミルフィーユパンケーキ」(1300円/ドリンクセット1750円)。サクサクのパイ生地とパンケーキを重ね、その間にはマスカルポーネクリームや生クリーム、イチゴなど、みんなが好きなものばかりを豪華にはさんでいるそう。

ここに香りを抽出したソースを加えると、爽やかなテイストになって驚き。エディブルフラワーやホワイトチョコレートの飾り付けも華やかで、春らしさを高めてくれる。


また、真っ白なルックスが気になる「苺とミントのスフレグラス」(820円/ドリンクセット1270円)フレッシュミントが主役のひんやりデザート。ベースとなるのは、ミント、ナッツ、チョコレートを混ぜ込んだメレンゲのアイスケーキ。これにイチゴとミントを飾り付けて、春らしいビジュアルに。

「ミントを加えたアングレーズソースをかけることで、コクがプラスされます。ミントのすっきりした香りを楽しんでください」(同)

◆まだある!カケルスイーツ


このほか、イチゴ×クルミの焼き菓子にブルーベリーソースを組み合わせた「クルミのベリーベリータルト ブルーベリータルト」(780円、ドリンクセット1230円)が3月1日(火)から登場する。ブルーベリーの上品な酸味を加えることで、濃厚な味わいのケーキがあっさりと食べられてしまうという仕掛けとか。

またこれらのスイーツにおすすめのドリンクを聞いてみると…。「ストロベリーとグレープをブレンドした上品で深い香りの紅茶『ベリーガーデンティ ミントと苺入』<756円>がおすすめです。スイーツとの相性が抜群ですよ。ストロベリーフェア限定でドリンクセットの価格にプラス100円で付けられますので、ぜひご利用ください」(同)

イチゴとさまざまな食材との組み合わせを楽しんだら、普段の料理に使えるヒントが見つかるかも?