24日、中国メディア・澎湃新聞は、日本で爆買いする外国人観光客を日本は優遇しすぎているのではないかとの声が出ていることを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月24日、中国メディア・澎湃新聞は、日本メディアの報道を引用し、日本で爆買いする外国人観光客を日本は優遇しすぎているのではないかとの声が出ていることを伝えた。

記事は、ハワイでは外国人観光客は居住者よりも高い値段で買い物をしなくてはならないと紹介し、「日本では逆で、外国人を対象にした過度な割引や優遇などのサービスが多い」と指摘。日本のおもてなしはやり過ぎではないかと疑問の声が出ていることを伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人はぼったくらないんだな」
「経済が悪くなれば誰に対しても態度が良くなるさ」

「中国のぼったくりを取り締まらないと、富裕層はどんどん海外で買い物するようになり、中国経済の健全な成長にとって致命的となるだろう」

「中国では旅行客はぼったくりの対象。日本は旅行客を優待。香港や台湾でさえ中国人は歓迎されないのに日本では歓迎される。これが差だな」

「中国の観光地でお客様を神様として扱えば、海外旅行に行く人も減るはず」
「中国人は日本で買い物すると歓迎され、香港で買い物すると軽蔑される。これには笑うしかないな」

「中国に遊びに来る外国人はどんどん減っているよね」
「反省すべきは日本ではなく中国だ」(翻訳・編集/山中)