音楽の「入口から出口」を設計する:Yosi Horikawaが挑む音体験の変革【RBMA WORKSHOP SESSIONレポート】

写真拡大

音楽をつくるミュージシャンの情熱は、スピーカーをも生み出す!! 次世代の音楽家を輩出する音楽の学校・RBMAを、東京で体験できるワークショップが行われた。Yosi Horikawaによる異色の音響講義を、音楽ジャーナリストのジェイ・コウガミがレポートする。

「音楽の「入口から出口」を設計する:Yosi Horikawaが挑む音体験の変革【RBMA WORKSHOP SESSIONレポート】」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界を巡り、未来のクリエイターを育成するための音楽の学校「レッドブル・ミュージック・アカデミー」(RBMA)の開催地が、2016年はカナダ・モントリオールに決まった。著名アーティストやDJによるレクチャー、最高の機材が揃うスタジオでのレコーディング、各都市で高名な会場でのライヴ。レッドブルが毎年開催するこの2週間の音楽プログラムは、これまでベルリンやサンパウロ、バルセロナ、ロンドンそして東京と、あらゆる都市で次世代の音楽家を育ててきた。

RBMAの参加選考は毎年熾烈を極める。わずか60名の枠を目指し、革新的な音楽のアイデアに溢れるプロデューサーやトラックメイカー、DJ、ヴォーカリストたちが世界中から応募してくる(応募の締切は2016年3月7日。詳細はこちらで確認できる)。

『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」
Amazonで購入する>>

飲料メーカーが開催しアーティストを輩出する「音楽の学校」では、どんな学びが生まれているのか? 日本から「RED BULL MUSIC ACADEMY」に参加した11名にアンケートを敢行。1998年のベルリンから2015年のパリまで16回の軌跡を追う。特集の詳しい内容はこちら。

2月13、14日に都内で開催されたRBMAのワークショップは、著名なアーティストと直に接し、プログラムの雰囲気や哲学を体験できる、貴重な2日間となった。集まったのは、RBMAの狭き門をくぐり抜けようとする若きクリエイターたち30名だ。

初日午後のセッションに登場したのは、環境音や日常音を操るトラックメイカーYosi Horikawa。2011年にマドリッドで開催されたRBMAの卒業生である彼は、自然の音を録音し再構築する独自のアプローチをもつクリエイターだ(Jasse Boykins III、xxxy、BibloらがRBMAでは同期にあたる)。世界中の音楽フェスやイヴェントに参加している一方、建築分野で音響設計に携わり、建築家の隈研吾氏の作品や科学未来館のiPS細胞関連の展示でのサウンドデザインを手掛けるなど、音楽で空間をデザインする専門家でもある。

2時間に渡るレクチャーは、まず「いま、いい音とは何なのか?」という大きな問題から始まった。

電子楽器やソフトウェア中心の音楽制作が現場に浸透した現代。だが、音はスタジオやラップトップのなかだけで生まれるだけとは限らない。音楽フェス、イヴェント会場、さらに街や車のなかでも音は生まれる。アーティストとして、自身がつくる音へのこだわりを、音と耳をつなぐアウトプットにまで拡げて設計したいとYosi Horikawaは考えている。

「音と人のつながりをどう考えるべきか」そんな問いを投げかけたあと、彼が語りだした答えは、「スピーカーのDIY」だった。

「自らが学んだRBMAで講師を勤めるのはとても光栄」とHorikawaは語っていた。

TAG

MusicRBMARed BullVol. 21WIRED JAPAN

Horikawaが所有するスピーカーの部品。オーディオパーツ専門店では常連扱いだという。

スピーカーの制作プロセスは、容易なものではない。音の目的に応じて素材、デザイン、製造技術、すべてを1つに組み合わせる必要がある。DAWツールをアップデートしたり、リプレースする作業ともまったく違う。素材への適応や知識も必要で、並列的なプログラミングの理論では起こりえないアナログな問題にも直面する。そして、どう音楽を伝えるか、 アウトプットがイメージできる想像力と、意識の転換が求められる。

Horikawaのレクチャーでは、彼がこれまでつくってきたスピーカーの紹介、そしてスピーカーの製造技術や素材についての説明が続く。見慣れたモニタースピーカーが挙がることもあれば、なかなか耳にしない素材や技法も語られて、参加者たちは真剣に耳を傾けたり、熱心にノートを取っていた。その様子は、まるで大学で科学か機械工学を教える教授と生徒のようだった。音楽の歴史や知識について、アーティストたちが語るセッションが連日RBMAでは行われる。こんな学校に気持ちが昂ぶらない者はいないはずだ。

日本をベースに活動する、さまざまなアーティストがレクチャーに参加していた。

レクチャーはHorikawaの淡々とした口調で進んでいく。だが、その語りの奥には彼が追い求めている音体験の変革、すなわち「音の入口から出口まで」設計したいという強い想いから生まれる飽くなき探究心が見え隠れする。そんなHorikawaの姿を見ていると、音楽のあり方を考え、人と音楽の関係に新たな価値をつくろうとする意識こそが、RBMAが参加者に伝えんとする哲学的な思想に間違いないと感じた。

話をスピーカーに戻そう。昨年、Horikawaは彼が追い求めていた理想に近いスピーカーデザインの実現に成功する。それは、平面部分がない「球体」のスピーカーだ。もともと球体が優れているということは、制作の開始当初からHorikawaはわかっていた。ただ、それを正確につくる方法がこれまで見つからず、構想は頭のなかに構想だけが残っていた。

そんなとき、たまたま飛騨の広葉樹をつかって面白いことができないかという誘いを受けた彼は、球体のスピーカーを提案する。結果、普段は家具をつくっている家具メーカー・Oak Villageの木工職人が、Horikawaのアイデアを実現した。そうして一歩一歩、理想を形にしながら、新たな音体験をもたらす実験的な音楽作成にHorikawaは取り組んでいる。

音楽をつくるクリエイターは、やはり斬新な機材には目がない。レクチャー後もスピーカー設計について参加者とHorikawaの熱い議論が交わされていたのが印象的だった。

Horikawaは参加者からの質問に、1つひとつ丁寧に答えていた。

球体のスピーカーは、Horikawaが長年積み上げてきたエンジニアリング、データ、設計技術、空間設計と、いい音を鳴らす斬新なアイデアが組み合わさって生まれたものづくりのかたちだ。と同時に、人と音楽をつなぐ新しいサウンドデザインの具現化でもある。

アーティストが音と人との関係を再構築し、そして音楽が進化していく。その間に立つクリエイターには、ビジネスモデルやプロセスだけでは実現できないヴィジョンと未知の価値を伝える勇気が迫られる。この冒険ある進化は、「Beats by Dre」や「Sonos」の開発にドクター・ドレーやジョージ・マーティンの息子が関わっている流れにも垣間みえる。

ゼロから音楽を生み出すアーティストがそのオリジナル性でリスペクトされるように、音楽に新たな価値を見出すデザイナーやエンジニアたちもオリジネイターだ。音をつくるために音の出口を設計しようとデザインエンジニア的な志向を生み出してしまうのも、RBMAが革新的なクリエイターのための音楽学校といわれるゆえんであり、世界中のクリエイターを毎年強烈に惹きつける理由に違いない。音楽に化学反応を起こして、創造する実験室、それがRMBAであり、そんな生き方を卒業生たちは体現しているのだ。

自らが理想とする「球体」のスピーカーを大事そうにかかえるHorikawa。

ジェイ・コウガミ|JAY KOGAMI
デジタル音楽ジャーナリスト。音楽ブログ「All Digital Music」編集長。「世界のデジタル音楽」をテーマに、日本では紹介されないサービスやテクノロジー、ビジネス、最新トレンドを幅広く分析し紹介する。オンラインメディアや経済誌での寄稿のほか、テレビ、ラジオなどで活動する一方で、デジタル音楽ビジネスに関する講演や企画に携わる。

TAG

MusicRBMARed BullVol. 21WIRED JAPAN