台湾「釣魚台は固有の領土」  海上保安庁の巡視船増備を注視

写真拡大

(台北 25日 中央社)外交部は25日、釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)周辺の警備強化のため、日本の海上保安庁が大型巡視船2隻を増備したことを受け、「国際法的、歴史的、地理的、地質的に見て、釣魚台列島は中華民国固有の領土である」との主張を改めて強調した。

外交部は今後も引き続き動向を注視する考え。

また、争議を棚上げし平和互恵の観点から海洋資源の共同開発を目指す「東シナ海平和イニシアチブ」に言及。関係各方面に対して対話による問題の平和的解決を呼びかけた。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)