24日、米太平洋軍のハリス司令官は下院軍事委員会の公聴会で、南シナ海での航行の自由作戦を継続すると述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月24日、ロイター通信によると、米太平洋軍のハリス司令官は、下院軍事委員会の公聴会で、南シナ海での航行の自由作戦を継続すると述べた。

ハリス司令官は24日、南シナ海で中国が軍事化を進めていることを受け、米軍は航行の自由作戦を継続すると述べた。また、国際法で認められた範囲で回数を増やし、より複雑な内容で行う意向であると表明した。ハリス司令官は23日にも、「中国は南シナ海を明らかに軍事化している」と指摘し、南シナ海の運用上の構図を変更していると述べている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「なぜだ?私たちが監視すべき領域ではないだろう」

「2016年に第三次世界大戦が始まると考えて準備しておくべきだ。1年分くらいの水や食料を買っておくべきだな」

「海軍よ、行け!」

「退屈だな…」

「中国は私たちの敵ではない。私たちの敵は中東にいて、私たちの国を崩壊させようとしている。注意を向ける国を間違ってはいけない。私たちは中東と20年以上も戦ってきて、事態はますます悪くなっているんだ!」

「オバマ大統領は退任する前に、時間をかけて戦争を始めようとしている」

「オバマ大統領は中国の拡張主義を前にして力がないということだな」(翻訳・編集/蘆田)