おとなサントリーが贈る「LINE生放送」 作家、漫画編集者、ファッションデザイナー...異才の3人が人生相談&「仕事術」「発想の種」について語り合う

写真拡大

サントリーは2016年2月27日19時55分から、LINE生放送「JIM BEAM Presents サタデーナイト・トーク NO.1への道」を開催する。

芥川賞作家の羽田圭介さん、編集者の佐渡島庸平さん、ファッションデザイナー丸山敬太さんの3人が、LINEユーザーから寄せられる悩みや質問に答えながら「明日の成功のレシピ」について率直に語り合う。番組MCは元NHKアナウンサーの堀潤さんとフリーアナウンサーの谷中麻里衣さんが務める。

ホリエモンに「めちゃくちゃ天才」と言わしめた男

LINE生放送(LINE LIVE)は、タレントや企業の公式アカウントを通じてライブ映像を配信するサービスだ。スマホやタブレットで視聴しながらコメントを投稿することができ、番組出演者とユーザーがリアルタイムでつながることができる。15年12月10日に配信された「AKB48劇場オープン10周年スペシャル」では、延べ視聴者数が221万人を超えた。ネットならではの自由さはテレビ放送にはない魅力だ。

「サタデーナイト・トーク NO.1への道」の番組コンセプトは、各界のNo.1が集うバー。異なる分野の先駆者や成功者が、グラスを傾けながら自由気ままにトークするというもの。ほかではあまり見せたことのない、リアルな想いや夢を語る。

昨年7月に「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞した羽田さんは、テレビ番組やイベントでぶっちゃけ発言を繰り返し、作品だけでなく破天荒なキャラが注目されている。

佐渡島さんは講談社勤務時代に編集者として漫画「宇宙兄弟」や「ドラゴン桜」を世に送り出し、出版不況下でその名を日本中にとどろかせた。ホリエモンこと堀江貴文さんは、14年1月28日の「ほぼ日刊イトイ新聞」の中で彼をこう称賛している。

「めちゃくちゃ天才なんです、びっくりするくらい」

丸山さんは人気バンド「DREAMS COME TRUE」のステージや映画「ヘルタースケルター」の衣装を担当したり、パリコレに作品を出展したりしている。現在のJALの制服も彼が手がけた。

3人の職業は異なれど、発想力や行動力が常人外れしている点では共通している。いったいどんなトークが飛び出すか――。彼らの名前を知っている人はもちろん、はじめて聞いたという人も、刺激的な人の話を聞きたいと思ったら、視聴してみる価値はある。

酒の情報を配信するため、視聴には年齢制限が設けられ、20歳以上のみ参加できる。

番組ではゲストへの質問を募集中。
【設問1】今、あなたが「悩んでいること」「行き詰まっていること」は?
【設問2】ゲスト秘蔵のお宝を見られるとしたら、何を見たいですか?
【設問3】ゲストに聞きたいことは?
サントリー酒類のLINE公式アカウント「おとなサントリー」を友だちに追加して、特設サイトから応募する。締め切りは26日13時まで。