女性に聞いた! 節約生活中に友達にされたら嫌なこと4選

写真拡大

一人暮らしをしていると、倹約を常に心がけるようになりますよね。生活の中で、いろいろな節約術も覚えていくものです。そこで今回は女性のみなさんに、節約生活中に友達にされたら嫌なことについて、教えていただきました。

■高いお店に誘われる

・「やたら高いお店に誘われる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「高いレストランに一緒に行こうと誘われること」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ランチ代だけで3,000円以上するようなお店に誘われること。夜ならいいけどランチにそんなに掛けなくてもおいしいお店はたくさんある」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

節約中の人にとって、食費は抑えたい出費のひとつです。高いお店で食事をするのはとっても痛手ですよね。誘われても断れなければ、節約事態も長続きしないかもしれません。

■節約をバカにする

・「節約をバカにしてくること。無駄に心が折れる」(32歳/不動産/専門職)

・「特にないが、節約のことをバカにされたりは嫌。何かを買うのをお金持ってるんだから買いなさいよみたいな感じで言われたら嫌」(31歳/情報・IT/技術職)

・「節約を非難されたら嫌になります」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

節約はしていない人にとっては、ばかばかしいことなのかもしれません。本人にとっては目的もあって節約をしているのですから、大切なことです。バカにするのではなく、協力してくれるのが本当の友人なのではないでしょうか。

■飲まないのに割り勘

・「友達だけがバンバン飲んでいるのに割り勘にされたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「節約でお酒を控えているときの飲み会などの割り勘」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「一緒に遊んだときに散々贅沢をして割り勘にされるとき。自分がお酒を飲まないのに、お酒も全て割り勘のとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

飲み会などでは、ひとりずつ精算することはあまりありません。そのため、飲もうが飲むまいが割り勘が多いと言えます。節約しているのであれば、我慢するか参加しないかを考えなければならないのかもしれません。

■電気の無駄遣い

・「家に上がってきて電気を無駄遣いする。食材を食べたり、盗んでいく」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「家に来たときに電気をすごく使う」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「暖房や冷房をガンガンに温度調整されること」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

他人が家に来ると、節約どころではないかもしれませんね。自分が招待したのならともかく、勝手に好き勝手にやられてしまうと大変です。食材を盗んでいくなんて方もいるようですが、友達付き合いから考えなければならないのかもしれませんね。

■終わりに

節約は個人が行うことですから、周りの人にとっては関係がないと言えばそうなのかもしれません。ですが、友人であれば、おごるまではいかなくても、その節約に協力してくれても良さそうですよね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数210件(21歳〜34歳の働く女性)
※画像はイメージです