昨年引退した澤に代わり10番を託された大儀見。日本のエースとして期待される。 (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選に臨むなでしこジャパンのメンバー20人が2月25日に発表された。佐々木監督は昨年引退した澤が長年背負ってきた10番を大儀見に託したほか、宮間、川澄ら主軸メンバーも順当に選出した。チームは2月22日から最終予選の地、大阪で直前キャンプを行なっており、29日に初戦のオーストラリア戦を迎える。
 
 10番を背負うことになった大儀見に対しては佐々木監督は「彼女はこれまで17番をこよなく愛してきたが、次の東京五輪も視野に入れたなかで、意識が高い選手として決めさせてもらいました」と説明。また最終予選に向けては「日本で開催されることで良いプレッシャーになる。なでしこジャパンの力をみなさんに見てもらって女子サッカー界の未来につなげていきたい」とコメントした。
 
 なお、今回の最終予選には日本のほか、北朝鮮、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6か国が参加。2月29日から総当たり戦で対戦し、上位2か国が五輪本大会への切符を獲得する。
 
 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選に向けたなでしこジャパンのメンバーは以下のとおり。
 
GK
1 福元美穂(湯郷ベル)
12 山根恵里奈(千葉L)
18 山下杏也加(ベレーザ)
 
DF
2 近賀ゆかり(INAC)
3 岩清水梓(ベレーザ)
4 熊谷紗希(リヨン/フランス)
5 鮫島 彩(INAC)
13 有吉佐織(ベレーザ)
17 田中明日菜(INAC)
19 上尾野辺めぐみ(新潟L)

MF
6 阪口夢穂(ベレーザ)
7 川村優理(仙台L)
8 宮間あや(湯郷ベル)
9 川澄奈穂美(INAC)
14 中島依美(INAC)
 
FW
10 大儀見優季(フランクフルト/ドイツ)
11 大野 忍(INAC)
15 郄瀬愛実(INAC)
16 岩渕真奈(バイエルン/ドイツ)
20 横山久美(長野L)
 
【リオ五輪アジア最終予選スケジュール】
2月29日:第1戦・オーストラリア戦(キンチョウスタジアム)
3月2日:第2戦・韓国戦(キンチョウスタジアム)
3月4日:第3戦・中国戦(キンチョウスタジアム)
3月7日:第4戦・ベトナム戦(キンチョウスタジアム)
3月9日:第5戦・北朝鮮戦(キンチョウスタジアム)