24日、米国を訪問中の中国外相はホワイトハウスでオバマ米大統領に会い、習近平国家主席からのあいさつを伝えた。写真はホワイトハウス。

写真拡大

2016年2月24日、米国を訪問中の王毅(ワン・イー)中国外相はホワイトハウスでオバマ米大統領に会い、習近平(シー・ジンピン)国家主席からのあいさつを伝えた。中国新聞網が25日付で報じた。

王外相は「両国指導者のもと、2国間の協力は各分野で進展している」と指摘。注目を浴びている国際・地域問題において米国との連携を強めたいとの考えを示し、米国が3月末に開催する核安全保障サミットを支持すると表明した。一方、オバマ大統領は気候変動、地域問題に対する米中の協力を評価。米中関係の重要性に言及し、「米中は連絡、協調を続けるべきだ」と述べた。(翻訳・編集/野谷)