「活動的でないテレビ好き」は認知機能が低い:研究結果

写真拡大

テレビを観る時間が長く、体を動かさない人は、認知テストの得点が低いことがわかった。これは、若者が中年になるまでの25年間、3,000人以上を対象にした追跡調査によるものだ。

「「活動的でないテレビ好き」は認知機能が低い:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

若者が中年になるまでの25年間、3,000人以上を追跡調査した結果、テレビを観る時間が長く、活動的でないグループは、よく体を動かす、あまりテレビを見ない人たちと比べて、特定の認知テストの得点が低いことがわかった。

『JAMA Psychiatry』に発表された論文によると、今回の追跡調査の参加者は3,247人で、55パーセントが白人、45パーセントが黒人。57パーセント弱が女性で、ほぼ全員が高卒以上だ。調査開始時は18〜30歳で、平均年齢は25歳だった。

調査開始から25年後、参加者は、テレビを観る時間が長いグループと、中程度またはそれ以下のグループに分けられた。テレビをよく観るグループと分類されたのは、「3時間以上テレビを見た日が、調査期間の3分の2を超える」人たちだ。

年齢、性別、教育水準、喫煙、飲酒、ボディマス指数(BMI)、高血圧といった因子を調整すると、「体を動かさない生活」と「テレビをよく観る習慣」の両方が、認知における処理速度と実行機能の得点の低さと相関していることが判明した。言語記憶の得点については影響は見られなかったが、処理速度と実行機能のテストでは、体を動かさないテレビ好きが最も得点が低かったのだ。

ただし、この調査では、こうした認知機能が、「最初は高かったのに、25年の生活の中で低下したか」どうかについてはわからない。認知テストは追跡調査の最後でしか行われていないためだ。調査期間の最後に認知機能が低かったグループは、最初から認知機能が低く、その結果、テレビのまぶしい画面の前でだらだら過ごしていたという可能性もある。

研究に参加したミネソタ大学の疫学者デイヴィッド・ジェイコブスは、当初の目的は心血管系のリスクを追跡調査することだったと説明する。

それでも、今回の研究結果は、体を動かさない生活が将来的な認知機能の低さにつながるという過去のさまざまな研究結果を裏付けるものだ。例えば、1946生まれの英国人を対象にしたある追跡調査では、30代に最も活動的だったグループは、そうでない人々より、中年(43〜53歳)での認知機能の低下が少ないという結果が出ている

ジェイコブス氏らも2015年、若いときに心肺機能が高かったグループはそうでない人たちに比べ、中年期の認知テストが高得点だったという研究結果を発表している。

関連記事:TVチャンネルを「脳波」で選ぶシステム:BBCが開発

TAG

Ars Technica USExerciseResearchTV