コンベクションによる一味違うオーブン調理

写真拡大

調理家電などを手がけるオークセール(東京都港区)は、「siroca(シロカ)」ブランドからノンフライオーブン「SCO-501」を2016年3月1日に発売する。

庫内の熱をファンで循環させる「熱風対流(コンベクション)式」を採用、食材の外側はパリッと、中はふっくら仕上がる。油を使わずヘルシーな揚げ物調理、外はカリカリ・中はフワッとしたトースト、ピザ、ローストビーフやチキンの照り焼きなど本格オーブン調理からスイーツ作りまで楽しめる。惣菜の温め直しも揚げたてのように仕上がるという。

扉を開けると網が前方にせり出す「引き出し式」で、奥の食材を取り出しやすい。庫内は食パンなら4枚、最大10インチ(直径約25センチ)のピザまで焼き上げられ、高さは3段階調節可能だ。底部に外付けの「パンくずトレー」を備える。

温度調節は100〜250度、「コンベクション」「オーブン」「上ヒーター」「下ヒーター」4種類のモードを搭載。最大60分まで対応のタイマーを備える。

余分な水分や脂分を吸収し、サクッとしたクレスト(皮)に仕上がる「ピザプレート」、60種類のオリジナルレシピを掲載した「レシピブック」、トレー、焼き網、取っ手などが付属する。カラーはホワイト、レッドの2色。

価格は2万円(税別)。