好相性が期待される舞台でロケットスタートを切りたいところ(写真は昨年のフジサンケイレディス)(撮影:福田文平)

写真拡大

<ホンダLPGAタイランド 初日◇25日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,548ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー『ホンダLPGAタイランド』がいよいよ開幕。五輪代表で主催者推薦でに出場しているイ・ボミ(韓国)は出だしの10番をパーとして今季初戦をスタートした。
【関連写真】賞金女王戴冠の瞬間からドレス姿まで!イ・ボミフォトギャラリー
 今大会の舞台、タイのサイアムCC パタヤ・オールドCは和泉一介氏。コースは2007年にリー・シュミットにより再設計されているものの日本の趣は失われておらず、またボミは2014年に和泉氏設計の伊豆大仁カントリークラブで開催された『センチュリー21レディス』を制している。そんな好相性が期待される舞台で世界ランキングを1つでも上げていきたいところだ。
 同じく主催者推薦で出場している大山志保は2ホールを終えてイーブンパー。先週の『ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン』にて米ツアー初優勝を果たした野村敏京は2ホールを消化。出だしの1番でバーディを奪い1アンダーとなっている。
 その他、横峯さくらは4ホールを終えて1アンダー、宮里藍は1ホールを終えてイーブンパー。世界ランク日本勢最上位の宮里美香は6ホール終了時点で2オーバーと、最下位に位置している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】切れ味バツグン!イ・ボミのアイアンショット
ツアープロコーチの辻村明志氏によるボミのスイング解説!
「チャレンジするのが楽しみ」女王イ・ボミが米ツアーで今季初戦 直前インタビュー
オフのイベントショットも満載!イ・ボミフォトギャラリー