24日、あるTwitterユーザーが、キスマークの医学用語を紹介し、話題を呼んでいる。

同日、ユーザーは「キスマークキスマーク言うけど、キスマークじゃなくて、吸引性皮下出血だから!!!!!」とのコメントとともに、Wikipediaのページを引用した画像を投稿した。

ユーザーが引用したWikipediaのページでは、「吸引性皮下出血(きゅういんせいひかしゅっけつ)とは、人体の肌(通常は首や腕)に強く接吻した際にできる痣である。日本ではキスマークの呼称で知られる」と解説されてあることが確認できる。

吸引性皮下出血(キスマーク)は、皮膚の下にある血管が破裂して内出血が起き、痣となって変色している症状だとか。治癒には通常4-7日間かかるそうだ。

ユーザーはこの知識を踏まえた上で「あれ?お前キスマーク付いてんじゃん!」という文例を出し、「あれ?お前吸引性皮下出血じゃん!」と修正している。
このツイートは、25日11時の時点で7100件以上のリツイートと、5200件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連リンク】
吸引性皮下出血 - Wikipedia

【関連記事】
「レア」なインフルエンザが話題…A型・B型に同時感染
障害者へのバス運転手の対応を批判 会社側の説明にも納得できず
マッサージ機の在庫切れに怒る顧客 意外な事実に態度を豹変