3月20日までの日経平均株価の推移を大予想! カブドットコム証券,松井証券,SBI証券,楽天証券, ネット証券4社の有名アナリストが徹底分析!

写真拡大

ネット証券4社のエースアナリストが、向こう1カ月の日経平均の動きをファンダメンタルズの面から徹底分析する。はたして、4人の予測はどうなったのか。日経平均の底値はいくらなのか。

マイナス金利の導入は株価に効き目なし?
3月の中国の全国人民代表大会も要警戒

 3発目の黒田バズーカ発射は多くの識者が予想していたが、1月29日の会合では見送るというのが共通意見だった。それだけに、日銀のマイナス金利導入は大きなサプライズとなった。しかし、カブドットコム証券の河合達憲さんは指摘する。

「マイナス金利は市場が動意づくきっかけになっただけ。今の本題は欧州発の信用不安が、世界にどこまで伝播するかということ。円高と世界同時株安の流れには逆らえない」

 松井証券の窪田朋一郎さんも同様の見解で「短期的なリバウンド狙いの急騰は期待できても持続せず、下値模索が続く」と捉えている。

 これに対し、今後には相応の効果もあると考えているのがSBI証券の鈴木英之さん。

「配当利回りや益利回りの相対的な魅力が増し、株式投資の魅力が増す可能性が大きい」

 ただし、日経平均の予想1株益が低下したことから、上値が重くなる展開もありうると鈴木さんは予想。また、3月に全国人民代表大会(全人代)を控える中国が要警戒と楽天証券の土信田雅之さんは忠告する。

「昨夏以降は公表される経済指標や当局の政策対応などへの信頼感が揺らいでおり、何をやってもマイナスに受け止められやすい」

 年度末に向け、波乱含みの相場がまだまだ続くと覚悟すべきか…。

 ところで、2月20日発売のダイヤモンド・ザイ4月号には、「高配当&好業績の10万円株を底値買い」の大特集が載っている。昨年末と比べて約3000円も日経平均が下落している今、底値で株を買うための方法から10万円株のメリットまで、オススメ株とともに大公開。配当利回り4%以上や5万円以下で買える株も満載だ。このほか、「緊急レポート!誰が日本株を売っているのか」「9割が赤字に!毎月分配型投資信託の本当の利回り」「桐谷さんのNISA!過去2年の全成績&今年の勝負株」「新連載!AKB48 in NISA株&投資信託真剣勝負」に加え、分厚い別冊付録「1億層下流社会のワナ!下流人生&老後破綻の防ぎ方」もついている。ダイヤモンド・ザイ4月号も、ぜひ読んでみて欲しい(アマゾン、楽天ブックスなら送料無料)。