JFAがイングランドサッカー協会とパートナーシップ協定を締結! イングランド代表戦も実現か?

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、イングランドサッカー協会(FA)とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。この協定は24日にイギリス・ウェンブリーで、FAのグレッグ・ダイク会長とJFAの大仁邦彌会長が出席し調印された。協定は1年間続くことになる。

▽JFAは、FAとの今回の協定締結により、今後さらに両協会の関係強化、両国のサッカーの発展・成功のため、積極的に相互協力を図っていくとのこと。コーチ育成や女子サッカー、審判、障害者及びパラリンピックサッカー、技術的交流、各カテゴリーにおける試合開催などで協力・相互実施を行うとのことだ。

▽JFAはこれまでスペインやドイツ、フランスなど欧州の各サッカー連盟を始め、モンゴル、シンガポール、タジキスタン、UAE,ヨルダン、ベトナム、イラン、インドとアジアの各サッカー連盟とパートナーシップ協定を締結している。