米国での一部報道で腰の手術後の復帰へ向けての進捗が思わしくないとされ、これに対し代理人が「バカげている」と反論するなど、その状態が注目されているタイガー・ウッズ(米国)。そのウッズは周辺の一連の応酬に答えるかのように、Twitterにショット動画を投稿し、「順調に進んでいる」と復帰遅れ説を一蹴した。
腰の痛みにコース上で崩れ落ちるタイガー・ウッズ
 ウッズはシミュレーションゴルフながらショートアイアンでスムーズなスイングを披露。自身も納得の様子で軌跡を見送り、ボールはピン右約4メートルについた。昨年に3度の腰の手術を行うなど苦境にいるウッズだが、復帰へ向けての調整は着実に進んでいるようだ。
 ツアー通算79勝。メジャータイトル14勝を誇るウッズだが現在は世界ランクは445位まで後退。故障にも苦しんで2013年以降ツアーでの勝利から遠ざかっており、復帰が待たれている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
世界ランク400位…苦悩のウッズ「これで終わりと思いたくない」
ウッズ、10位タイ 痛恨トリプルボギーで2年ぶり復活優勝はならず
松山英樹、岩田寛のリアルタイム速報 PGAツアーリーダーボード