遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第86回】

 2012年にTeamUKYOサイクリングチームを結成して5年目――。チームを率いる片山右京が2016年シーズンの新体制発表を行なった。発表会の壇上に登場したのは、6人の若き日本人ライダーたち。昨年のJプロツアーで個人総合優勝を果たした畑中勇介を筆頭に、U−23カテゴリーの全日本チャンピオンや、シクロクロスの全日本ジュニア王者、さらに今年の春で高校を卒業する18歳など、例年とはまたひと味違ったメンツが顔を揃えた。5年目のシーズン、若手を多く加えたTeamUKYOの意図とは――。

 2016年シーズンのTeamUKYOが始動した――。

 チームを率いる片山右京は、2月14日に千葉のAEONモール幕張新都心で今年の体制発表会を行ない、その数日後に選手たちは「ツール・ド・フィリピン」(UCIカテゴリー[2.2])に向けて出国した。

 今季のTeamUKYOの陣容は、選手たちの顔ぶれに若干の変化がみられる。チームキャプテンは、昨シーズンのJプロツアーで個人総合優勝を達成し、チームタイトルの獲得にも大きく貢献した畑中勇介。昨年から残留となった平井栄一と住吉宏太は、ともに今年がTeamUKYO3年目のシーズンを迎える。

 さらに、昨年のU−23で全日本チャンピオンを獲得した中井路雅(なかい・みちまさ)と、2013年シクロクロス(※)全日本ジュニアチャンピオンの弟・中井唯晶(なかい・ただあき)が加入する。兄の路雅は21歳、弟の唯晶は19歳で、ともに京都産業大学に通う現役大学生だ。ともにUCI登録をしており、海外のUCIレース等には参加するが、国内プロレースシリーズのJプロツアーにはしばらくの間、参戦する予定はないという。

※シクロクロス=未舗装の悪路(オフロード)で行なわれる自転車競技のひとつ。障害物が設置されたオフロードの短いコースを決められた時間内で何周できるかを競うレース。

 チーム監督である片山は、チーム内でのこの兄弟選手の起用方法について、「大学のインカレが終わる秋ごろに、兄の路雅君にはJプロツアーを経験してもらおうと考えています。弟の唯晶君は、UCIレースのみを走ってもらう予定です」と説明する。

 さらに、このふたりよりも若い18歳の今井勇太もチームに加わる。今春に高校を卒業する今井は、大学に進学せず、チームの合宿所に起居して生活のすべてを競技に打ち込む予定だ。

 外国人選手勢は、サルバドール・グアルディオラとオスカル・プジョルが残留。昨年のツール・ド・熊野で個人総合優勝を果たし、ツアー・オブ・ジャパンでも第4ステージで勝利したベンジャミン・プラデスがマトリックス・パワータグから移籍してきた。この強力な3名に加え、UCIプロチーム「エウスカルテル・エウスカディ」(2013年末に解散)でスプリンターとして活躍したジョン・アベラストゥリと、プジョルの弟分的存在で欧州のレースで活躍するロドリゴ・アラケが新加入となった。

 昨年までのラインアップと比較すると、選手層は総じて若返った印象がある。

「去年までうちのチームで活躍してくれた土井(雪広)君が(マトリックス・パワータグに)移籍したり、全日本チャンプの窪木(一茂)君がプロコンチネンタルチーム(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)に行くことになったので、大きく年齢層が下がったという印象は正直なところ、あると思います」と片山は言う。

「でも、近い将来に我々が登録を目指すプロコンチネンタルチームは、レギュレーションではチーム内にその国籍(日本)の選手が全体の半数以上を占めていなければならない、という決まりがあるんです。さらに、チームが長期的に本場の欧州で戦っていく力をつけるためには、いつも話しているように、4年後の東京オリンピックが終わった後にどれだけのレベルに到達できているか――ということが重要です。だから、今現在の強さを求めることと同様か、それ以上に、若手選手を育成することにも、もっと力を注いでいかなければならないと考えているんです」

 チームのプロコンチネンタル登録を目指して、着々と地固めを続けるTeamUKYOは、2月には前述のツール・ド・フィリピンに参戦。3月上旬はクラス1のステージレース「ツール・ド・台湾」を戦った後に、3月下旬の宇都宮クリテリウムから日本国内シリーズのJプロツアーを戦う。そして5月は、アジアツアーのUCIレースで調整を兼ねた参戦を経て、いよいよツアー・オブ・ジャパンとツール・ド・熊野のシーズンを迎える。そのころになれば、今年のTeamUKYOの総合的な戦力は明らかになっているだろう。そして、その実力次第では、片山がチーム結成以来語り続けてきた中期的なチームの展望も、ある程度は見通せるようになっているかもしれない。

(次回に続く) 連載『遥かなるツール・ド・フランス』は毎月下旬に掲載

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira