格好いいけれども、どこか謎めいていて掴みどころがなく、テレビや映画に出演するたび、私たちの心をわしづかみにしてくれる俳優・野村周平さん。公開中の映画『ライチ☆光クラブ』に主演しています。

そこで、Noshは同世代俳優が集った本作で、主演を務めた野村さんを直撃! 映画のことから、役者という職業のこと、今の心境までいろいろ単独インタビューいたしました!


Q:『ライチ☆光クラブ』を演じることになった経緯を教えてください。

野村周平(以下、野村):内藤監督からオファーをいただいて。『パズル』で一度やっているので、やっぱ同じ監督にもう一度声をかけていただいたのが嬉しくて是非演じたいなって。オファーは「野村くんっぽい(役だ)からお願いします」みたいな感じです(笑)。

Q:野村くんっぽい……。

野村:正義のリーダーとか? 僕はそこまで自分がリーダーだとは思っていないのですが。自分はそんなに正義感もないし、僕はガキ大将みたいな感じなんですよね。そこがマッチしたんじゃないですかね。


(C)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会

Q:すごく作られた世界観の中でのお話ですが、どのように捉えましたか?

野村:原作となる漫画を読みました。最初読んだときは理解ができなかったんですけど、不思議な世界観だなと思い、引き込まれました。主人公たちの中学生が思う「大人になりたくない」っていう気持ちは「こうやって表現するんだなあ」と思って読んでいました。

Q:大人になりたくない気持ちは分かる?

野村:全然分からないです。だって……、なりますからね(笑)。

Q:タミヤという人物を演じるにあたって、大事にしたポイントはどこなんでしょう?

野村:漫画を読んで、タミヤはすごく正義感があふれててリーダーシップがあったので、その正義感を大切にしていました。

Q:そのように気持ちを作るということなんでしょうか?

野村:気持ちは作らず、現場の空気を感じて、直観で演じます。例えば悲しいシーンのときは、絶対悲しいお芝居を(相手が)してくれるので。だから自分で悲しい気持ちをつくろうとする、逆に(役を)作っている自分が嫌だな、みたいな気持ちになるんです。

Q:なるほど。相手のお芝居を受けてってことですね。ということは、野村さんは役者同士でシーンについて話さないってことですか?

野村:しないです。「楽しもうね」しか言わないです。あまりそういうのを考えずにやりたい派なんです。『ライチ☆光クラブ』の現場でも皆とは仲良くやりますけど、そこまで役について話すとか、そういうのはしなかったです。「仲間だし楽しくやろう!」って。


(C)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会

Q:同年代の俳優たちがたくさんいて、ライバル的な感じはあります?

野村:ライバル意識はないですね。ライバルと思うのは、自分と(タイプが)一緒だと思うからじゃないですか。僕は自分みたいなやつはいないなって思ってるんで。その人になれないとも思っているし、その人はその人でいいところたくさんあるなって思うし、認めています。だから自分を貫き通すだけです。


前半のインタビューはここまで!
後半では、野村さんが好きで個人的に観ている作品や、俳優でいることの赤裸々な気持ち、さらにはNosh読者へのメッセージもありますよ♡

映画『ライチ☆光クラブ』は大ヒット公開中、2月27日(土)より全国拡大公開。(取材・文・写真:赤山恭子)

【関連記事】

※ 嵐・松本潤、超型破りな弁護士役に初挑戦!「プレッシャーよりも楽しみの方が大きい」

※ 池田エライザが伝授!「エライザポーズ」の次は「かもめんたるポーズ」がくる!?

※ 森川葵の告白にディーン・フジオカも大笑い「ディーンさんに餌付けされた」

※ 筧美和子、ピスタチオと共演も…どこかがおかしい!?

※ 嵐・松本潤が「復活LOVE」の制作秘話を明かす「山下達郎さんにリクエストした」