「ハーブ鶏の唐揚げ定食」(800円)には、地元・千葉の銘柄鶏を使用

写真拡大

埼玉などから成田方面・房総方面へ向かう途中に立ち寄れる東関東自動車道・湾岸幕張パーキングエリア(PA)下り線は、地元・千葉や東京の土産を豊富に取り揃えているのが魅力。同PAは千葉県の食材を使った食事メニューも充実しており、中でも特に人気なのが「ハーブ鶏の唐揚げ定食」(800円)だ。

【写真を見る】千葉や東京の土産を豊富に取り揃えているのが魅力の湾岸幕張PA

醤油味をベースに、11種類の調味料を使って味付けられた唐揚げは、プリッとジューシーな食感で、ボリューム満点だ。この唐揚げに使われているのは千葉の銘柄鶏である「房総ハーブ鶏」。ハーブを取り入れた飼料で育ったこの鶏は、柔らかな肉質が特徴だ。オーダーを受けてから揚げるので、いつでも熱々の唐揚げを食べることができる。

営業時間は朝5時から夜11時まで。近くまで行った際には、ぜひ立ち寄ってこの唐揚げ定食を食べてみてはいかがだろうか?【東京ウォーカー】