画像

写真拡大

 デロイトトーマツコンサルティングは、日系企業がデジタル化時代の事業改革を実現するための包括的なコンサルティングサービス「Digital Strategyコンサルティング」の提供を開始する。

 デロイトトーマツコンサルティング(以下、DTC)は、日系企業のデジタルトランスフォーメーション(デジタル化時代の事業改革)を実現するためのサービスとして「Digital Strategyコンサルティングサービス」の提供を開始する。

 同サービスは日系企業における経営戦略とデジタル戦略の融合、イノベーション事業の創出、デジタル組織の新設・強化、新規顧客獲得の成長戦略策定とデジタルコミュニケーション手法の最適化、商品やサービスのデジタル化対応、デジタル活用によるブランド力強化を実現するもの。サービスはDTCのDeloitte Digitalが中心となり、以下の8つのサービスを包括的に提供する。
Digital Strategy
Digital Innovation & Service Design
Digital Branding
Big Data Analytics & Visualization
Digital Marketing
E-commerce Strategy & Operations
Web Strategy & CMS
Digital Creative & UX

 これに伴い、Deloitte Digitalは、ンサルティング専任組織の設置やビッグデータ関連R&D機能の新設などの組織・体制の強化を行い、約40名の体制を構築した。

 現在、特に自動車、テクノロジー・通信メディア、消費財の各産業において、消費者をはじめとする様々な側面での急速なデジタル化が破壊的な影響を与え始めている。各社はデジタル化への対応が遅れると、長期的な競争優位が築けない状況に陥ると考えられる。そのため、DTCは今回のサービス提供を通じて、包括的な日本企業のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援する。

MarkeZine編集部[著]