KARTE、シルバーエッグ社のレコメンドサービスと連携開始〜UNITED ARROWSのECで採用

写真拡大 (全2枚)

 ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」とリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」との連携が行われた。これにより、レコメンドを表示するタイミングや出し方を自由に設定でき、種類の出しわけも可能になる。

 プレイドは、同社提供のウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、シルバーエッグ・テクノロジーが提供するリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」との連携を2月24日より開始した。

 同連携では、レコメンドを表示するタイミングや出し方を自由に設定できるほか、利用者の特徴に応じた「レコメンドの種類の出しわけ」が可能になる。「KARTE」で他社が保有するデータを活用したメッセージ配信が可能になるのは初めてのことだという。

 同連携により、通常フッターなどの定位置に表示するレコメンドと違い、特定のページに遷移したタイミングでポップアップを表示するといったことが可能になる。また、効果に合わせてタイミングを変更できるため、効果的なレコメンドの表示方法を高速なPDCAサイクルで試すことができる。

 また、同連携によるサービスの最初の事例として「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」に導入されている。

MarkeZine編集部[著]