22日、韓国外交部は韓国人男性がフィリピンの首都マニラの自宅で殺害されたと発表した。写真はマニラ。

写真拡大

2016年2月22日、韓国外交部は韓国人男性がフィリピンの首都マニラの自宅で殺害されたと発表した。環球網が伝えた。

被害者は韓国の地方大学の元教授で、6年前に退職してからフィリピンで生活していた。遺体には刺し傷があり、在フィリピン韓国大使館は現地警察に捜査を求めている。男性の自宅付近にはゴルフ場が多く、気候も良いため、多くの人がセカンドライフを送っているという。

フィリピンでは韓国人が殺害される事件が相次いでおり、2014年に10人、2015年に11人が殺害されている。2016年に入ってからは今回の事件が初めて。(翻訳・編集/北田)