24日、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題で、韓国ソウル中央検察庁は同社韓国支社の主要幹部に対する出国禁止を決定した。資料写真。

写真拡大

2016年2月24日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で、韓国ソウル中央検察庁は同社韓国支社の主要幹部に対する出国禁止を決定した。中国新聞社が伝えた。

出国禁止者の名簿には、VW本社の幹部を務めるテレンス・ジョンソン氏も含まれている。同検察庁は19日、VWの排ガス不正問題で本格調査を開始。韓国支社を家宅捜索し、関連資料などを押収していた。

韓国環境省はこれまで、排ガス不正問題で適切な対応を取らなかったとして、VW韓国支社幹部らを同検察庁に告発していた。(翻訳・編集/大宮)