立ち乗りする新世代モビリティとして注目を集めているホバーボード(電動セルフバランス・スクーター)ですが、安全性への問題が指摘されています。

とくに火災については、世界各地からインターネット上にアップロードされ、『ホバーボード 火災』といったキーワードで検索すると、衝撃的な画像や動画を見ることができる状況です。

今回、アメリカでバッテリーなどの第三者安全科学機関として経験を積んできたUL Inc.が、新たにホバーボードに関する構造評価や試験手法「UL2272」を確立、UL認証の受付を開始したということです。

なお、UL認証の適用範囲は、『電池ならびにその充電装置を含む動力伝達装置』。同社日本法人でも「UL2272」に関する問い合わせは可能となっています。

動画を見るにはこちら

(山本晋也)

新世代モビリティ「ホバーボード」の安全性が高まる規格が誕生(http://clicccar.com/2016/02/24/355320/)