春日俊彰がIKEA「壊れない椅子」を破壊→直後にニトリのCMが流れる偶然

写真拡大

24日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリーの春日俊彰IKEAの「壊れない椅子」を壊してしまうハプニングが起きた直後、ニトリのCMが流れる偶然が起きた。

番組では家具販売店の「IKEA」を特集し、終盤にはオードリーのふたりが視聴者へのプレゼントとして「POÄNG(ポエング)アームチェア」という椅子を紹介した。

オードリーの若林正恭によると、この椅子は耐久性に優れており、630万回以上の耐久テストに耐えたという。若林は「壊れないということで、春日さん試してみてください」とキッカケを作る。

春日は「余裕です。ほら」と、椅子の上で飛び跳ねるように体を揺らした。すると何度か飛び跳ねた瞬間に、「バキッ」との破壊音とともに椅子が壊れ、春日が後ろに倒れてしまった。

会場は騒然とし、慌てた水卜麻美アナウンサーは「大変申し訳けありません」と謝罪する。続けて、水卜アナは「使い方は正しく守ってください」「正しく使えば壊れませんのでご安心下さい」と注意していた。

まさかの事態に出演者が爆笑するなか、番組はCMに入った。そのCMの2本目に、偶然にもIKEAと同じ家具販売店であるニトリのCMが流れたのだった。

CM後、ふたたび話題は壊れた椅子に。春日が「普通あんな座り方しないからね。本当にバカヤロウですよ私は!」と吐き捨てれば、若林が「でもよく見たら…壊れてなかったですよ?」ととぼけてみせ、スタジオの笑いを誘っていた。

最後は司会の南原清隆があらためて「みなさん正しく使ってください」といい、番組を締めくくっていた。

【関連記事】
IKEAの家具を引っ越し業者が敬遠? 「強度がない」というツイートが話題に
家具販売店「IKEA」の広告コピーにTwitterユーザーから反発の声があがる
ニトリのカーテンがドラマ「デスノート」に登場 サイトが一時不通に