レクサスは、3月1日のプレスデーから始まる今年のジュネーブモーターショーにおいて、クーペモデルのLC500hを出展すると発表しています。

そして、ジュネーブモーターショーに先立つ2月18日、LC500hをオランダのデン・ハーグにおいてLC500hをワールドプレミアするとともに、世界初となる「マルチステージハイブリッドシステム」を公開しました。

20160218_17_s

聞き慣れない「マルチステージハイブリッドシステム」とは、高回転化されたV6 3.5Lエンジンと走行用モーターに自動変速機構を組み合わせたハイブリッドシステムとのこと。

20160218_03_s

2つのモーターを搭載したハイブリッドシステムに、有段ギアの自動変速機構を組み合わせることで、エンジンとモーター両方の出力制御が可能になっているのがポイント。

20160218_14_s

エンジンの高回転化と合わせて、低速域ではエンジン使用領域を高回転側に拡大することで、低速から力強い駆動力を発揮し、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大。これにより走りと燃費性能を両立しているそうです。

20160215_02_01_s

レクサスは「ドライバーの操作や車両のGから走行状態を判断し、変速を制御することによって、ハイブリッドが持つモーター駆動による応答性の良さを最大限に活用し、ダイナミックなドライビングテイストを実現した」としています。

20160215_02_02_s

どんな走りを披露してくれるか分かりませんが、かつてトヨタはハリアーハイブリッドのような圧倒的な「速さ」を披露するハイブリッドを世に送り出していましたが、LC500hがどういう味付けになるか興味深いところ。

なお、LC500hは「より鋭く、より優雅に」をキーワードとして掲げ、「すっきりとして奥深い走りを目指す」としており、かなり期待できそう。

20160218_08_s20160218_12_s

なお、LC500hのボディサイズは、全長4760×全幅1920×全高1345mm、ホイールベースは2870mm。エンジンの排気量は3456ccで最高出力は220kW/6600rpm、最大トルクは348Nm/4900rpm。システム全体の最高出力は264kWと発表されています。

20160218_07_s20160218_10_s20160218_01_s20160218_05_s20160218_17_s20160215_02_03_s20160218_13_s20160218_03_s20160218_08_s20160218_04_s20160218_11_s20160218_06_s20160218_09_s20160218_12_s20160218_15_s20160215_02_01_s20160215_02_02_s20160218_14_s20160218_20_s20160218_1820160218_19_s20160218_02_s

(塚田勝弘)

世界初公開されたレクサスLC500hのマルチステージハイブリッドシステムとは?(http://clicccar.com/2016/02/24/355271/)