23日、どうすれば、あの男性のゲームを止めさせることができるだろう。アモイのゲームセンターのオーナーの多くは、この同じ問題に悩まされている。資料写真。

写真拡大

2016年2月23日、どうすれば、あの男性のゲームを止めさせることができるだろう。アモイのゲームセンターのオーナーの多くは、この同じ問題に悩まされている。わずか半年の間に、ある男性が3000個以上のぬいぐるみをUFOキャッチャーでゲットした。オーナー達は、「もうこれ以上我慢できない!」と悲鳴を上げている。アモイ日報が伝えた。

この男性は、名前を陳さんといい、コンピュータ関連会社に勤める1980年代生まれ。世の人は、彼のことを、「UFOキャッチャーの神」と呼んでいる。彼の自宅の部屋を占領しているぬいぐるみは全て、この半年間にアモイの各マーケットにあるUFOキャッチャーで彼がゲットしたものだ。「個数は3000個以上あるはずだけど、もう数えられない」と彼は話す。家の中のぬいぐるみが「氾濫して洪水状態になる」ことを避けるため、彼は今では、気軽にUFOキャッチャーで遊ぶことはしなくなったという。「ラインストーンが付いたものや、高価なぬいぐるみだけを狙っている。普通の布製のぬいぐるみは、もう取り飽きた」と陳さん。

陳さんがUFOキャッチャーで遊び始めたのは、昨年7月のことだった。偶然に、売り場の入り口で見かけて、1度トライしてみた。「特に感激もせず、何も取れなかった。ただ、時間つぶしにはうってつけだと思った」。

その後、休みの日が来るたびに、陳さんはUFOキャッチャーで遊ぶようになった。1カ月ほど経ったとき、彼は、「僕の腕はすごいのかもしれない。毎回遊んでいると、多くの人が回りを取り囲み、僕がゲームをする様子を熱心に眺めている」と意識するようになった。1台のゲーム機のぬいぐるみを全て取ってケースを空っぽ状態にすることを、陳さんはやってのけた。陳さんによると、覚えている限りでは、1度に100個以上のぬいぐるみをゲットしたことがあるという。

彼は、「ぬいぐるみそのものを好きな訳ではなく、ゲットするプロセスが面白い。その時、興奮で胸がワクワクしてくる。激しい気持ちの高まりで、さらに闘争心が湧く。ただし、金額的な上限を自分で設けるべきだと考えている。ほとんどのぬいぐるみは、原価10元(約170円)前後だ。だから、失敗したら諦めればいい。5元(約85円)以上は遣わないようにしている」と話した。

陳さんによると、普通の人に比べ、鋭い観察眼を持ち、タイミングを見計らうのが上手く、ぬいぐるみの位置、重心、ぬいぐるみをどこから掴むのか、などを注意深く考え抜いているという。陳さんは、「世の中のもろもろの事柄と同様、いわゆる『神業』というものは、真剣さという面で普通の人よりやや抜きん出ることから生まれる」と考えている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)