骨付きリブアイロール トマホーク(1000円/100g〜)肉の味を生かすため、塩コショウでシンプルに味付け。肉はもちろん骨周りもおいしい。100g単位で注文。(写真は約1kg)

写真拡大

シカゴ ステーキ オーロラが2月25日(木)、福岡市博多区にオープンする。同店は“肉の神様”こと、熟成牛マイスター、澤真人が監修した本格アメリカンステーキハウスで、独自のドライエイジング製法によって熟成させたオーロラビーフをアメリカから直送し使用する。

【写真を見る】オーロラビーフをメインに、佐賀牛や神戸牛もそろえる。熟成牛を楽しめるのはディナーのみ

オーロラビーフとは、アメリカ中西部のコーンベルトで、トウモロコシを食べて育ったアンガス牛のことで、和牛のようにきめ細かな肉質が特徴だ。おいしさを存分に感じられるようにと、カットする厚さは3cmに徹底するといったこだわりよう。焼きに関しては、熟練の技を持った天神ホルモンが監修し、最高の状態で提供する。

2月25日(木)から27日(土)までの3日間、オープンを記念としてキャンペーンを実施する。ランチタイムは、「サーロインステーキ」(1980円)など5品が半額になる他、ディーナータイムは、看板メニューの「トマホークステーキ(骨付きリブロース)」が半額になる。こだわりのステーキや熟成肉をお得に味わえるチャンスを見逃すな!【福岡ウォーカー】