23日、韓国で近く発売されるサムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーS7」から、これまで同社製品にあった社名ロゴが消されているとの指摘が注目を集めている。写真はサムスンのスマートフォン。

写真拡大

2016年2月23日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国で近く発売されるサムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーS7」から、これまで同社製品にあった社名ロゴが消されているとの指摘が注目を集めている。

韓国のIT関連の掲示板にユーザーがアップした「ギャラクシーS7」端末の写真には、確かにどこにも「サムスン」ロゴが見当たらない。同社は、前モデルの「ギャラクシーS6」シリーズを日本で発売する際にロゴを消した事例がある。しかし韓国のユーザーからは、「サムスン」の認知度が圧倒的な韓国で、なぜあえてロゴを消すのかいぶかる声が上がっているのだ。

記事は、韓国では「ギャラクシー」というブランドが十分に知られているため、社名ロゴが不要と判断された可能性があると指摘している。一方、サムスン電子の関係者は「地域や事業者(通信会社)により事情が異なるため何とも答えられない」とし、韓国発売の製品に社名ロゴが付かない可能性については否定しなかった。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「サムスンのロゴじゃなくて、通信会社のロゴを消してくれないかな」
「裏面にハングルで大きく『サムスン』と書いて。みんな喜ぶと思う」
「昔はロゴも自慢だったけど、今では…」

「それより高い値段を何とかして」
「アップルみたいにマークを全部なくして、裏面にサムスンロゴだけ入れたらシンプルでいいと思う」
「サムスンロゴはそのまま残してほしい。中国製の偽スマホみたいに見えるよ」

「ロゴが表裏両方にあるのは幼稚な感じがする」
「消してもいいと思うよ。サムスンという会社やサムスンロゴ自体を嫌っている人も多い」
「ロゴを入れるか消すかでこんなニュースにまで?どっちだろうと、それはサムスンの勝手でしょ」(翻訳・編集/吉金)