写真提供:マイナビニュース

写真拡大

このほど、GitHubにLinuxのBrtfsファイルシステムを扱うためのWindowsドライバ「GitHub - maharmstone/btrfs: WinBtrfs」が登場した。フルスクラッチで開発が進められているWindowsドライバで、現在開発段階にある。最終的にはBtrfsの提供するすべての機能に対応することを目指すとしている。

本稿執筆段階で提供されている「WinBtrfs v0.1」の主要な機能は次のとおり。

・Btrfsファイルシステムの読み書き
・キャッシュ機能
・Btrfsパーティションの認識
・xattr security.NTACLを使ったアクセス制御リストの設定と利用
・オルタネートデータストリーム
・mixed_backref、default_subvol、 big_metadata、 extended_iref、 skinny_metadataフラグのサポート
・シンボリックリング
・LinuxユーザからWindowsユーザへのマッピング

現段階ではRAID、圧縮、リロケーション、非同期読み書き機能、ハードリンクなどの機能はサポートされておらず、今後の開発課題とされている。WinBtrfsドライバはGNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE Version 3の下で提供されている。

(後藤大地)