©「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 ©マキノ講談社

写真拡大

女の子が密かに憧れるちょっと危険な恋愛相手、ドS男子。
少女漫画『イタズラなKiss』や『花より男子』、実写化が決まった『黒崎くんの言いなりになんてならない』、スマホアプリ『ねんしょうfor Girls』など、乙女心を掴んで離さない、ドSキャラたち。

【動画】「黒崎くん」超エロキュン予告編を見る

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」

どうして乙女心をくすぐるのか? どんなドS男子たちが女子の心を掴んできたのか見ていきたいと思います。

実写化でも人気! 少女漫画のドS男子

イタズラなKiss/入江 直樹

1996年にテレビドラマ化され、根強い人気を誇る“イタキス”。落ちこぼれの琴子が一目惚れした頭脳明晰でクールな美少年・入江くんには今でもときめく女子多数!2014年からは新ドラマシリーズ『イタズラなkiss 〜Love in TOKYO』も放送されました。

「人の気持ちなんてわかんないから、きょうきらいでも明日は好きになってるかもね」

「ふーん忘れちゃうんだ おれのこと じゃ忘れてみろよ、ザマァミロ」

素直な言葉がかけられずに、挑発的な言葉を吐いちゃう入江くん。頭脳明晰なイケメンなのに、こういうことを言っちゃうのがカワイイ。

「オレ以外の男、好きなんて言うな」ツンデレなところが最高です。

世界中で認められたドS男子!

花より男子/道明寺 司

1995年に実写映画化されてから、アジアのみならず世界中でドラマ化、日本でもリメイクされた超名作の“花男”。財閥の御曹司でわがまま、お金でなんでも解決できると思っていた道明寺が、唯一自分の思い通りにならない“つくし”に不器用だけれどまっすぐに迫る姿がハートを揺さぶります。

「あいつが誰を好きだろーとどーでもいい 奪いとってやる」

「こいつをいじめていいのはこの俺だけなんだよ」

ちょっと子供っぽい強引さがたまりませんね!

「好きだ 気がおかしくなるほど惚れてる 俺が欲しいのはおまえだけだ」

愛の言葉はどストレート!

ダメな私に恋してください/黒沢 歩

現在TVドラマ放送中の“ダメ恋”。非モテで貢ぎ体質の“ダメ女子”ミチコの元上司・ブラックデビルこと黒沢主任は、元ヤンで毒舌ですが面倒見がよく、厳しくしっかり叱ってくれて料理までできるメガネ男子。

「結婚の見込みはゼロ」

「アホに貢ぐドアホタイプ」

「女の悩み相談くらい時間の無駄はない」

ドS男子らしくけっこう手厳しい……。けれど、黒沢様の仰るとおりと納得させられてしまう、現実的な意見をハッキリ突き付けてくれます。

「根性あるよ 柴田は すごいと思ってた」

ふいに、ちゃんと認めてくれている発言も。

超ドSな“黒王子”が乙女心を鷲掴み!

オオカミ少女と黒王子/佐田 恭也

2014年にTVアニメ化、今年2016年5月には実写映画も公開予定。モデル並みのルックスで優しく王子様のように微笑む恭也は、実は超腹黒。彼氏だとウソをついたエリカを犬として弄び、命令してきます。

「俺以外の男にしっぽ振ってんじゃねぇよ」

「ご褒美なんかやんねぇよ 駄犬のくせに」

「まだ俺のことわかってねぇな こんな甘いこと言うわけねーだろ」

みんなの前では優しくエリカをエスコートし、完璧な彼氏(のフリ)。そんな表の顔を信じたくなったところで、裏ではこのドS発言。上げて落としてくれる黒王子……。

「つけといた、首輪」

しかし、俺の犬だとわからせてやると言って、首輪と言いつつネックレスをサプライズプレゼントしちゃう恭也は反則。

黒崎くんの言いなりになんてならない/黒崎晴人

ちょっと過激で「エロキュン」と話題の映画が2月27日より公開になる本作。周囲から恐れられているほど冷徹で恐いオーラを纏っている黒崎。逆らった由宇に無理やりチューしまくりだし、押し倒すわ、耳かんだり舐めたりするわのドッキドキのエロ悪魔。恋愛初心者の女子ならこの黒悪魔から逃げられるはずがない!

「屈辱的なこと命令してやろうか? 今ここで」

「服従するのが気持ちいいんだろ」

「――お前 やっぱりバカ犬だな そんなに何かされたいのか?」

ぎゃああああああ!! 赤面モノのドSセリフばかり。ちょっとレベルが違いますね。黒に振り回される生活は、本当に精神的にもたなそう。

「自分が誰のモノかまだわかってねぇみたいだな」

もうね、黒は滅多なことではデレたことなんて言ってくれません。こんなにドSなのに、黒は行動や仕草に優しさを垣間見せるところがズルイ。

現実だったらセリフもシチュエーションもありえないような胸キュン・エロキュンシーンも、実写化作品なら3次元のドS男子で見ることができますよ!

過激なドSのコンテンツといえば

ドラマCDや乙女ゲーム界でもドS男子は魅力的ですが、2011年の発売以来、根強い人気を誇っているのが、アニメ第2期も放送され、様々なメディアミックス展開をしている『DIABOLIK LOVERS』(ディアボリック ラヴァーズ)。

“ディアラヴァ”に登場するメインの男性キャラは全員ヴァンパイア。多くのイケメンヴァンパイアがいるのですが、全員がドSという鬼畜仕様!

いじめっ子な俺様系ドS、ダルそうな無気力系ドS、病んでいる系ドS、辛辣執事系ドS、壁や物を壊す衝動が抑えられない暴愛系ドS、言葉攻めをしてくる粘着系ドSなど、ドSだけでこんなにバリエーションがあることに本当に感心させられます。そしてまだまだキャラはいる(笑)。

しかも、ヒロインの血が欲しくてあの手この手で襲ってくるみんなの行動は、文字通り追い回してきて荒々しいことも。「君が興味を持つものはすべて壊してしまいたくなる」「噛み殺すぞ」など、かなり過激。ヒロインの呼び方ですら、「チチナシ」「ビッチちゃん」など、名前ですら呼んでくれません。

それでも、キスをしながら血を求めてくるシチュエーションはまさにエロキュン! 「お前その顔……。他の男の前で見せたら、殺すから……」「痛いか?でもそれと同じくらい いいんだろ……?」「一生離さないよ」など、ドSならではの独占欲の強い甘いセリフを囁いてくれるのです。

また、同じくアイディアファクトリー(オトメイト)の作品『華ヤカ哉、我ガ一族』も「嫌いだから。近くに来ないで」「馬鹿馬鹿ばかばかっ!犬に踏まれてしんじゃえっ!!」など罵倒の嵐なのでドM女子にはピッタリ。

さらに、今は携帯ゲームやスマホアプリでも多彩な乙女ゲームが登場しています。タイプが違う攻略対象のイケメンには、ドS男子はつきもの。イケメンドS男子に罵られ、彼らのデレる姿をみることが日々の楽しみになっている人もいるのでは?

そんな乙女ゲーアプリの中でも異端かつオススメなのが『ねんしょうfor Girls』。これは普通の恋愛ゲームではなく、<ダイエットサポートアプリ>。ユーザーは芸能人のたまごとして養成学校に入学するのですが、「よう、デブ」と同級生のイケメンに声をかけられるところから始まるのです……。しかもボイス付きなので破壊力抜群。体型にコンプレックスがある人にはかなりグサッとくる言葉。

腹筋をするとポイントが溜まっていきストーリーが開放されるので、そこで初めて甘い言葉がきけたり、また、厳しい言葉で罵られたり……。アメとムチをうまく使って、毒舌系ドSイケメンがビシバシ鍛えてくれます。

結局、ドS男子の魅力って?

好きの反対は“無関心”と言ったりしますが、ドSな態度をとるということは、少しでも相手のことが気になっているということ。束縛されたいというドM女子のほかにも、“ついいじわるしたくなるほど・束縛したいほど・優しくする余裕がないほど”の愛をそこに感じる人もいるのかもしれません。彼らの愛情表現はわかりにくいようで実はストレート。さらに一途に愛して(相手にして?)くれるキャラが多い気がします。

そして、普段は辛く当たってくるドS男子が急に見せる優しさには中毒性アリ。塩をかけたスイカがより甘く感じるように、ドS男子の稀に見せる優しさは、普段から優しい男性よりも乙女心に突き刺さる破壊力があるのです。

また、あっけらかんとしたドS男子もいますが、少女漫画などでは大抵の場合、冷酷で冷たいドS男子が何かしら心の闇を抱えているもの。ふいに見せる影のある表情や、閉ざされた心を徐々に解きほぐし、本当の優しさや照れた表情などを見せてもらえたとき、そのギャップにキュンとノックアウトされる乙女が多いのではないでしょうか。

愛情表現が不器用なドS男子を「かわいい」と愛せる乙女って母性本能が強いのかも?

「黒崎くんの言いなりになんてならない」予告編動画を見る