「慶應義塾大学」サイトトップページ

写真拡大 (全2枚)

 慶應義塾大学は24日、学部一般入学試験について、紙の入学志願票による出願の受付を、全学部で廃止することを発表した。2017年度入試から、インターネット出願のみを受け付ける。

 従来は「入学試験要項(願書)」をキャンパスや書店で販売していたが、サイトから直接ダウンロード可能にする。出願は、パソコンでもスマートフォンでも可能となる見込み。またインターネットを利用できない出願者については、個別対応を行う。

 出願方法の詳細は秋頃に発表される予定。入力内容は自動チェックされ、記入漏れなどはなくなるとのこと。出願内容は後で確認することもできる。また入学検定料を支払う前であれば内容の修正・追加もできるシステムが提供される。

 今回の切り替えにより、願書の購入が不要になる点、24時間出願可能になる点などがメリットだという。また、検定料については、コンビニエンスストアに加え、クレジットカード、銀行ATM(ペイジー)での支払いも可能とする。銀行窓口における振込は廃止となる。