23日、米シンクタンク・戦略国際問題研究所は中国が南シナ海の南沙諸島に造成した人工島にレーダー施設を建設しているとの分析結果を発表した。資料写真。

写真拡大

2016年2月23日、AFP通信によると、米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)は中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島に造成した人工島にレーダー施設を建設しているとの分析結果を発表した。

CSISは、南沙諸島のクアテロン礁にレーダー施設や灯台、地下壕とみられる施設が映っている衛星写真を公表し、中国が周辺の地域を監視する能力を著しく強化しているとの見方を示した。中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、これらの島々は中国の領土であると主張し、国防に必要な設備の建設などを行うのは主権の範囲内であると述べ、議論の余地はないと強調した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「米国は中国製品の輸出によって中国への資金調達を続けている。なんというばかなことだ」

「王座をめぐる争いはまだ続く」

「中国はサメを捕まえるためにレーダーを建設しているんだな!」

「中国は愚かだな…。地球温暖化によって、その島々はもうすぐ沈んでしまうよ」

「爆破してくれ!」

「誰も中国を止められなかったのだから、南シナ海はもう中国のものになっているんだと思う」(翻訳・編集/蘆田)