ギズモード・ジャパンより転載:血液が乾いてパリパリに。その行程をじっくり眺めるなんてことはそうそうありません。が、いざやってみると見ていて意外に面白いだけじゃなく、研究しがいのある要素がでてきました。

ネタ元のFuck Yeah Fluid Dynamicsは、血液から水分がぬけ乾燥していく様子をこう解説しています。「水分が蒸発するにしたがい、表面張力が変化し、水滴(血液)内部で流れができ、赤血球を外側へと運びます。さらに乾燥が進むと、血液のどの部分が沈殿しているかによって、異なる模様を残します。」

わかったようなわからないような気分ですが、注目すべきは、この乾燥した血液の模様によって、その人の健康状態がわかるということです。以下の画像を見ると、なるほど一目瞭然です。左は健康な人の血液、右は貧血気味の人のもの。こんな違いが出るとは知りませんでした。


160224gizmodo_mediagene.jpg


何事もじっくり観察することで新たな発見というものがあるものですね。常にバタバタワタワタしている私には、耳が痛い話です。体を巡る血液のことでも考えつつ瞑想でもして、集中力と忍耐力でも高めたいものです。


ギズモードジャパンの注目記事:
・モダンな茶室とノートPCがこんなに合うとは。デル「XPS 13」と茶の湯を楽しむ
・飛行犬 vs 猫パンチ! 「いいね!」入れ食いの悶絶写真の撮り方は?
・単語学習の先生は人工知能、開発者に聞いたDMM英会話は最新テクノロジー満載!


source: Journal of Fluid Mechanics via Fuck Yeah Fluid Dynamics

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文]
(そうこ)
Photo by shutterstock.