23日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、弘中綾香アナウンサーが、審査員を務めたおぎやはぎの小木博明ら男性陣から私服を絶賛される場面があった。

番組では「私服センスなし女 No.1トーナメント」を放送した。この企画は、審査員の多数決で、私服センスのない女性タレントが勝ち上がり、最終的に一番センスのない女を決めるシステムだ。

今回は弘中アナの他、常連のオアシズ・大久保佳代子(オアシズ)を始め、安藤美姫、オカリナ(おかずクラブ)、片岡安祐美、NANA(MAX)、春香クリスティーン、横山由依(AKB48)が参加した。

初戦の「男にモテたい春ファッション」のテーマでは、弘中アナは安藤と対決した。登場当初こそ、ジャケットが大きすぎるなどと指摘があったが、ジャケットを脱ぐと雰囲気がガラっと変わる。

それを見たおぎやはぎの小木博明は「このかっこう、やっぱイイ」と高評価で、審査員の栗原類も「すごくイイ」と続いた。この絶賛をロンドンブーツ1号2号の田村淳は「男子だけなんですよ、その興奮している感じが」とツッコミを入れていた。

その後、審査員を務める梅宮アンナと大石参月の指摘から、ジャケットを腕まくりし、結んだ髪を下ろした弘中アナを見た小木は「おおー、いいじゃん」と歓喜し、対戦相手の安藤も「かわいい…」と弘中アナのふわっとしたかわいらしさをうらやましがっていた。

審査は3対2の大接戦で、安藤が3票を集めて準決勝に進んだ。このジャッジで男性陣に交じって弘中アナを支持した審査員の益若つばさは「男にモテたい」というテーマをかんがみて「自分が男の気持ちになりました」とその理由を明かしていたのだった。

【関連記事】
「ロンドンハーツ」のドッキリ企画でスタッフに誤爆するハプニング
田村淳が狩野英孝と交際中の加藤紗里に抱いた「恐怖」を明かす
田村淳が中学時代の恋人から本性を暴露される 別れるときは自分で告げず