練習のためカナダへ向かった羽生結弦

写真拡大

 2月23日の正午、陽射しの中でも厳しい寒さが残る東北道のあるサービスエリア。そのレストランの中に、羽生結弦(21才)と両親の姿があった。羽生は全身を黒でコーディネート。黒いキャップ、ジャケット、パンツに、黒のハンドバッグ、スニーカー、そして黒縁のメガネ。両親と時折、笑顔を見せて会話しながら、日本を発つ前の最後の食事を楽しんでいた。

 大きなトランクをいくつも乗せて父親の運転する車はその後、羽田空港へ。今シーズン最後の大一番である世界選手権(米ボストン、3月30日〜4月3日)の準備のため、向かったのは、羽生のトレーニングの本拠地、カナダ・トロントだ。

 昨年末、札幌の全日本選手権で4連覇を果たしてからは体のメンテナンスを中心に調整するため、約2か月間にわたって実家のある仙台などでゆっくりと過ごした。1月16日からのアイスショー「ニューイヤー・オン・アイス」(大阪)に出演したものの、試合からは3か月以上遠ざかることになる。

「四大陸選手権(19〜21日)で彼の演技を見られなかったのは残念。でも当の本人はこの大会を見て、顔つきが変わったようですよ。大会2日後に日本からトロントに発って行った。世界選手権まで1か月、トロントで猛練習を積むはずです」(スケート協会関係者)

 羽生の闘志に火をつけたのが、四大陸選手権でパトリック・チャン(25才)が見せた見事な演技だった。羽生がソチ五輪で金メダルを獲得するまで、男子フィギュアスケートの“絶対王者”として君臨していたのが、チャンだ。世界選手権では2010-2011年シーズンから3連覇を果たし、GPファイナルでも2度優勝している。しかも年齢は25才とまだ若い。

 そのチャンが四大陸選手権で見せた演技はたしかに圧巻だった。ショートプログラム(SP)は5位と出遅れたが、フリーで世界歴代2位となる203.99点の高得点を叩き出して逆転優勝。元フィギュアスケート選手で、解説者の佐野稔氏が言う。

「フリー演技の4回転-3回転の連続ジャンプは加点がもらえるような素晴らしいものでした。また、今までは苦手としていたトリプルアクセルを2度も跳んで成功させたことは、彼の新しい挑戦です。これまでチャンはジャンプにこだわらないと言ってきましたが、羽生との差を感じ、技術力を上げてきたと感じています」

 フリーの世界最高得点は羽生が昨年12月のGPファイナルで叩き出した219.48点。その時の演技と今回のチャンの演技を比較すると、技術点では羽生が120.92で、チャンは106.85。演技構成点では羽生が98.56点で、チャンが97.14点と、わずか1.42点しか差がない。羽生の全日本選手権のフリーの得点は2度の転倒などもあって183.73点にとどまっている。

「羽生は今シーズンのNHK杯でチャンの持っていた世界歴代最高得点(295.27点)を大幅に塗り替え300点超えという前人未到の点数を記録。翌月のGPファイナルでは、自身の記録をさらに更新し330点台に。この先、羽生の絶対王者の座を揺るがす相手はおらず、自分自身との闘いになると誰もが思っていました。しかし、今回のチャンの演技を見ると、違う。300点超えを狙える演技に押し上げてきた。2人で異次元の領域に足を踏み入れた」(スポーツ紙フィギュア担当者)

◆羽生の靴でチャンが腹部をケガ

 ライバルとしてしのぎを削る2人だが、“場外乱闘”と注目を集めることもあった。ソチ五輪のSPで羽生が世界最高得点で首位に立つと、チャンは、「羽生の得点が高すぎるとは言いたくないし、審判を批判するつもりもない。しかし、明日には多くのことが変わるだろう」と話した。

 ソチ五輪のエキシビションでは羽生のスケートシューズのエッジが誤ってチャンに当たり、腹部に傷を負わせてしまうアクシデントがあった。

「チャンは五輪後にその傷を自分のインスタグラムにアップして世界に配信しました。もちろん羽生はすぐに謝罪していたのですが…」(前出・フィギュア担当者)

 昨年5月、ソチ五輪後、1年間の休養をとっていたチャンが復帰する際のインタビューでは羽生の演技について「途中は早回しで見ました。今までのプログラムとあまり変わってない印象だった」と評価した。

 それでも2人はお互いを認め合う、名実ともによきライバルである。チャンは今年1月の雑誌のインタビューで、《彼は僕がやらないことをやるし、僕も彼のやらないことをやりたい。僕たちは一概に比べることはできない》と語っていた。

 一方の羽生は互角といわれた2013-2014年シーズンを終えて、「今季はパトリックと3戦続けて戦ったことで、自分への集中の仕方を学ぶことができました。パトリックのお陰で、マインドコントロールも上手くできるようになった」と話している。

「SPとフリーを合わせて、羽生は4回転を5回跳んでいるのに対し、チャンは3回。また羽生は4回転を2種類跳べますが、チャンは1種類だけです。2人が全力を出し切れば羽生が優勢ですが、まったく油断はできません」(前出・佐野氏)

※女性セブン2016年3月10日号